Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
種を粉に碾いてはならない - ケーテ・コルビッツ
最近、大学で『ベルリン』について講義をした際、質問してみた。

「種を粉に碾いてはならない」とはどのような意味でしょう。

ある学生が答えてくれた。

 種を粉にしてパンを作ったほうが美味しいのではないですか。

私の咄嗟の返答は、

 そうですね。きっと栄養たっぷりで美味しいでしょう。でも、今度収穫するための種をどうしたらいいでしょう。

 ああ、そうですね。

種は土に植えられ、芽を出し、やがて成長して実り、新たな種となるように、若者の命は世に出て成長し、世代を担い、次世代の礎となる。

学生たちが書いてくれたアンケートの中に、このコルビッツの言葉の反響があり、改めて、過去ログから、ケーテ・コルビッツの画業について投稿したいと思う。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
君はどこにいるの?




愛しい息子

子供の頃はまるで女の子みたいだった、あの優しいペーターが何が何でも戦争に行くという。
これがペーターの最後の写真だ。



そして、ペーターは従軍直後に戦死した。
母であり、ドイツで最も名高い芸術家の一人であるケーテ・コルビッツKäthe Kollwitz は、自分の息子のために碑を刻んだ。ピエタ Pieta である。




Berlin Neue Wache


ケーテ・コルビッツは、一人の母の身に起こり得る最悪の出来事、すなわち、子どもの死を体験した。日記の中で、芸術家はその苦悩について語っている。それは、その苦悩に耐えて生き延びるためである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記は、ドイツ発行で、自称、ヨーロッパ最大級の歴史雑誌という、P.M. HISTORY 2016年1月号 の中の、Thomas Röbke トーマス・レブケ氏による興味深い記事である。

ドイツの、ある程度の都市ならば、どこにでも存在する

「ケーテ・コルビッツ通り」

の名の芸術家が残した日記についての記事だ。

沖縄にある佐喜真美術館に彼女のいくつかの作品が収蔵されている。
まだその作品群を見たことがなく、ベルリンの美術館でも見るチャンスに恵まれず、いつか見たいという気持がつのるばかり。ここ1年、「だれの子どもも殺させない」という言葉と彼女の彫刻とがいつもリンクしていた。
いつか見る時のためにも、彼女の日記からいくつか訳してみたいと思う。

彼女の日記の紹介文には次のように書かれている。

「ドイツの三つの帝国を生き、二つの世界大戦を生きた、ケーテ・コルビッツの35年間にわたる日記は、ドイツ史の激動のエポックを記しているのみならず、革命の熱狂から批判的冷静さを取り戻すまでの政治的立場の変遷をも包括するものである。

とりわけ、驚くほど飾り気のない、しかし的確な表現で、これらの日記が描き出すのは、母であり芸術家である一人の女性の、不安と疑念、そして、苦悩と希望である。」

Käthe Kollwitz Die Tagebücher 1908〜1943

『ケーテ・コルビッツ 日記 1908〜1943』2012年

画像は P.M.HISTORY 1月号から。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画家、版画家、そして彫刻家であったケーテ・コルビッツは1867年〜1945年を生きた。彼女の作品が創りだしたのは、表現主義と写実主義の間に位置する独自のスタイルだった。1891年、彼女は医者であったカール・コルビッツと結婚し、夫とともに、ベルリンのプレンツラウアー・ベルク地区バイセンブルガ―通りに居を移した。現在この通りは、コルビッツ通りと呼ばれている。1892年、彼女は、息子のハンスを出産。4年後に次男のペーターを、愛くるしい男の子を出産した。ペーターは、母と同様に画家を目指していた。

戦争がやってきた時、息子たちは二人ともすぐに戦争に志願した。ペーター・コルビッツは、戦場に来てまだ一週間にもなっていなかった、1914年10月23日の夜にフランドルのディスクムイデ近郊で死んだ。18歳だった。


ケーテ・コルビッツにとって、このことは「中間休止、区切り」を意味した。なんとか彼女が造形創作に再びとりかかることができたのは、亡くなった息子のために碑を創ろうという強い願望に急き立てられた時だった。

後に孫娘のユッタ・ボーンケ・コルビッツが日記の前書きに書いているように、

「彼女は、17年という長い間、様々に変転する構想、常に新たに取り掛かるものの続かない創作、疑念と抑圧とほんのわずかな信念しか得られない状態と悪戦苦闘する。」

「それは、1932年、息子が埋葬されている兵士の墓地に、ようやく、あの悲しみに沈む両親の像が設置される時まで続く。」



画像は Wikipedia から。


この長い年月、ケーテ・コルビッツは自分の日々の考え、感情を、文字で書き留めていた。第一次世界大戦の最中でも。以下、いくつかを抜粋する。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1914年10月30日 「貴方のご子息は戦死しました。」

1914年11月14日
ペーターの去年の日記を読むといつも、一人ぼっちで置き去りにされた気持ちになる。できることなら、若者たちのために、私たちが死にたかったのに、それなのに置き去りにされて、誰もが一人ぼっちだ。まるで、息の吸えない真空に取り囲まれているように一人ぼっちだ。君はどこにいるのか?どこを彷徨っているのか?なぜ君は私のところへ来ないのか?君が生きていた時よりもずっとずっと寂しい。もうハンスしかいない。

1914年12月1日
夜、ペーターのために碑を創ろうという構想が浮かんだが、また諦めてしまった。創り果せるとは思えなかった。朝になって、突然ライケを通じて、自分に場所を提供してくれるよう、市に頼めるかもしれないという考えが浮かんだ。もし、お金がかかるなら、かき集めなければならないだろう。
碑はハーフェル川を見晴らせる場所で、旅館シルドホルンの高さに建立されなくては。素晴らしい夏のうちには完成して、除幕式が行われるはずだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

訳者注

die Zäsur「中間休止、区切り」とは、

詩学上の専門用語で「詩の行の中間での、特に意味の切れによる休止」を表し、読者にインパクトを与える手法である。また、

音楽上の専門用語で「楽節中の中間休止や、動機や主題の切れ目」を意味する手法でもある。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1914年12月4日
私は君を記念碑で讃えたい。君を愛してくれた人達みんなが心のなかで
君を覚えてくれているし、これからも、君が、君を知っていた人達や、
君の死を聞いた人達に影響を及ぼしてゆくだろう。けれども、私は
もっと別の方法で君を讃えたい。君たちの死、若くて自ら戦争に志願した
君たち全員の死を、私は、君の姿で具現化したい。鉄とブロンズの
中へと、その死は鋳込まれて、そうして、何百年も存在し続ける。

1914年12月9日
私の息子!君の記念碑の上では、私は、君の姿を両親の上に
置きたい。君は手足を伸ばして寝そべっていてほしい、必死な呼びかけに
両手が答えて言う。「ぼくはここだよ。」目は、おそらく、
大きく開いたまま、だから、君は君の上に広がる青空を見れるし、
雲も鳥たちも見れる。口は微笑むようにしよう。胸には、私が君に
あげたナデシコを飾ろう。

1914年12月23日
去年のクリスマス、君はピエロの衣装を着た。今年のクリスマス、
君は腕に小銃を持って大地の下で固くなって横たわっている。

1914年12月24日
クリスマスイブ。.....君のベッドの後ろには、一本の低い若木を
置いてある。ロウソクの炎が次から次へと燃えていって、その後で、
再た、真っ暗になってしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 彼女は何百年も存在し続ける彫刻を創ろうとする。なぜなら、
 最も尊いものが破壊されてしまったからだ。それは、若者の生命。


                        トーマス・レブケ




| Till*eulenspiegel | 反戦-gegen den Krieg | 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop