Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
東ドイツ人の作り話 3
東ドイツ人は、DDR(ドイツ民主共和国)時代、同じポジションで比べると、西ドイツ人よりもはるかに少ない資産しか得られなかった。従って、三世代ともなれば、大富豪の数は、東側よりも西側のほうがはるかに多い。しかし、人生の満足度は、数百万の富を持たないことで決まるというのか。西側でも、大多数は、大富豪ではないという事実と向き合って暮らしている。

誰一人、東ドイツ人が二級市民と感じるように強いてはいない。が、もし東ドイツ人がそう思い込むなら、誰一人、そう思うことを阻止することもできない。トータルで見て、統一のプロセスにおいて、東ドイツ人の幸福のためには十分に政策がとられなかった、このような靴を西ドイツ人が履く必要はないのだ。もちろんこれ程の大転換のプロセスにおいては、特に厄介な状況にあって十分に配慮されないままであった人々のグループや小グループが生じるものだ。それを基に、統一のプロセスの特徴をあげつらうことは悪質である。しかも、ドイツ統一の過程において、あたかも、東ドイツ人が40年間も DDR ではなく、BRD(ドイツ連邦共和国)で生活していたかのように想定されなければならないのは、それは
不当な要求というものだ。ちなみに年金計算では、それがおよそ想定されて実践されており、さもなければ、東側には、実際の保険料の支払額から算出された、飢餓年金しかないことになるだろう。

旧東側の連邦州のトップのポジションの3分の2は西ドイツ人によって占められている。そのことに私は異論を唱えるものではない。しかし、二つの疑問がある。東ドイツ人の大多数はそれを外部からのコントロールと感じるのか?だとするなら、どのようにしてそのような事態になったのか?

| Till*eulenspiegel | 東ドイツと西ドイツ - Ostdeutschland und Westdeutschland | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
ケムニッツはドイツのマンチェスター
11月16日、8月26日のこの度のケムニッツでの主に極右の人々による移民に対する暴行事件後初めて、連邦政府メルケル首相がケムニッツを訪れて、人々との対話集会に臨み、ライブ中継された。

冒頭、司会者に紹介されて、メルケル首相は、「非常に緊張している」とまず挨拶。質問者の第一問は、なぜこの日にケムニッツを訪問したのか、すなわち、言い換えれば、なぜこんなに遅くなってケムニッツを訪問することになったのか、というものだった。

ケムニッツを3度ではあるが、訪問して、短い期間だが市民生活に加わり、町の様子を垣間見て、移民への暴行は別として、AfDへの投票など、今のケムニッツを理解できる、と思えないわけではない。というのも、ケムニッツの経済が疲弊している、というのは訪れてみれば一目瞭然だし、通りを分け入っていけば、ため息をついてしまうほどだから。

若者が歩きたくなるような通りはなく、入りたくなるような喫茶店もなく、あちこちに廃屋があり、解体中の建物があり、石畳がでこぼこで、大きく陥没した場所に雨水がたまっている。そんな石畳を通って、やっと探し出したクリーニング店の店長は、明日閉店で、もし衣類を預けたければということで、知り合いの
クリーニング店のリストをくれた。改装されることもなく長年使われてきた店内。そう言えば入る時、ここが店?と首を傾げたくなる建物。

豊かな経済力を誇るドイツに、これほど疲弊している地域がある。ドレスデンからケムニッツに向かう電車の中で、ケムニッツ出身で現在はドレスデンで働く造園業の若い男性とずっと話していた。ドレスデンもライプツィヒも経済は好調なのに、ケムニッツだけがそうではない。若者が暮らしていけず、どんどん町を出て、ますます疲弊している、と彼は言っていた。

Pension の管理人にケムニッツの過去について質問した時、彼がこう言ったのが、印象に残った。

−ケムニッツは、ドイツのマンチェスターと呼ばれるほど、重工業の盛んな、豊かな町だったんです。

同じく旧東ドイツ・ザクセン州の中核都市でありながら、ドレスデンのように観光都市としても、ライプツィヒのように学研都市としても輝けず、重工業が去った後、苦しみ続けている。
ケムニッツに対しそんなイメージを私は抱いている。

| Till*eulenspiegel | 東ドイツと西ドイツ - Ostdeutschland und Westdeutschland | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
西宮こしき岩アスベスト裁判 証人尋問のお知らせ
第13回口頭弁論においては、証人尋問が行われます。
証人尋問においては、原告側から要請した証人すべてが
裁判所によって認定され、計3日にわたり行われます。
詳しくは、下記のリンク先のHPをご覧ください。

とりあへず、第一回目の証人尋問が11月21日水曜日に行われますので、
是非とも、一人でも多くの市民の方々に参加していただきたいと
思います。当日の証人の方々は次の通りです。

・中皮腫・じん肺・アスベストセンター永倉氏
・被告三栄建設代表者
・原告団長上田氏


11日には、この準備として訴訟報告会も開催され、証人尋問に臨む
準備をいたしました。
業者が、利益優先で、アスベストという恐ろしい物質を
いとも安易に解体・廃棄した現実を、それを管理監督する立場である
行政が、書類だけの管理監督でよいとして、反省することもなく、
市民を危険に晒した、まさに行政による人権侵害の現実を、
一人でも多くの人々に知って欲しい。
アスベストがこの国で2004年に全面禁止になってから、まだ14年しか
たっていないのです。


| Till*eulenspiegel | アスベスト−Asbest | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop