Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
The Rachel Lee Jung-Lim Award
2012年12月20日、ローリー・カザン・アレン氏が記していた文章を
以下に訳してみたいと思う。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国際アスベスト禁止事務局


レイチェル・イジュンリム賞

2012年12月21日はレイチェル・イジュンリムが亡くなって一周忌の日です。
レイチェルは、温かい微笑みを絶やさず、広い心を持った、
優しい魂そのものという人でした。彼女の人生の最終目的は、
21世紀に生きる女性の典型的なものでした。つまり、それは家族であり、
教育であり、仕事であり、友人たちだったのです。悲しいことに、
子供時代の偶然の出来事が、彼女のすべての計画を断ち切ってしまいました。
韓国のアスベスト工場の近くで暮らした少女時代に経験した有毒な暴露
によって、アスベスト原因の癌である中皮腫にかかってしまったのです。
彼女がちょうど39歳の時のことでした。

この病気の診断によって引き起こされる挫折感は、同様の病気にかかった者に
よってしか理解され得ないものでしょう。貝の中に引きこもってしまう
人もいます。住み慣れた環境の中で親しい人々に囲まれて静かに過ごす
人生を選ぶ人もいます。レイチェルは、それらのいずれも選択しません
でした。その代わりに彼女は決心したのです。アスベストの使用が死を
もたらすことについて語ることができるならばどこへでも出向き、
それについて発言することを。そしてその通りに行動しました。

彼女は韓国で、日本で、カナダで、インドで、そしてインドネアで開催
されたイベントに参加しました。いずれの場合にも、彼女は、どのように
アスベストが彼女の人生を奪ったかについて、心の底から語りかけました。
彼女のスローガンは、no more asbestos, no more asbestos victims
でした。そして、消費者に向かって、政治家たちに向かって、実業家たち
に向かって、アスベストの使用を中止するよう嘆願しました。
2010年カナダのケベックでのアジア連帯ミッションに参加していた時、
一人のカナダ人が、末期癌の病気を患っているにはあまりに健康そうに
見えると、彼女をペテン師呼ばわりしました。それは、彼女が亡くなる
一年前のことでした。

レイチェルの思い出は、彼女を知る人々、あるいは彼女の言葉を聞いた
人々すべての人々の心に、今もくっきりと鮮やかに残っています。明日
12月21日には、アジアアスベスト禁止ネットワークに属する6つの団体が
主催して、ソウルにて、「2012年 環境保護という正義のために挙げる
犠牲者の声」という題のプログラムが開催されます。そこで、
第1回レイチェル・イジュンリム賞が授与されることになっています。
この賞を受賞するのは、ケベックの州知事ポーリーン・マロイスです。

彼女は2012年の選挙で、アスベスト産業に貸し出した5800万ドルの債務を
帳消しにすることを約束したのです。この行為によって、彼女は、
以下のことを保証したのです。すなわち、さらに25年以上も続くであろう
ケベックのアスベスト輸出計画が破棄されることを。また、カナダでも、
海外においてもあまりに多くの悲劇を引き起こしてきたこの産業が終業する
ことになることを。

マロイス知事に贈られる記念の額には以下の言葉が書かれています。

「私たちは、アスベスト産業廃止こそが、アスベスト原因疾患にとって最良の
治療であることを知っています。ですから、カナダでアスベスト採掘を
廃止することは、前進のための巨大な一歩なのです。」

We know that prevention is the only cure for asbestos-related
diseases, so the cessation of asbestos mining in Canada is a
HUGE STEP forward.

レイチェルがこの選択を喜んでくれるに違いないと私は思っています。

2012年12月20日


The Racel Lee Jung-Lim Award

http://www.ibasecretariat.org/lka-rachel-lee-jung-lim-award.php


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本の、石綿対策全国連絡会議(BANJAN)は、
第6回 レイチェル・イジュンリム賞を受賞した。
この賞をオーガナイズしているのは、以下の団体ということである。

The Asian Citizen's Center for Environment and Health
The School of Public Health
Seoul National University
Ban Asbestos Network Korea
Asia Monitor Research Center
International Ban Asbestos Secretariat
RightOnCanada.ca.


なおケベック州ポーリーン・マロイス知事は、同じく選挙の公約として、
ジャンティイ原子力発電所の第2号機の運転停止と廃炉を指示した、と
いうことです。
市民の70%が脱原発を望んでいると言われる日本ですが、
選挙の度に、原発再稼働と原発輸出を推し進める与党を選んでいることは、
その政策を支持している、ということでしょう。

| Till*eulenspiegel | アスベスト−Asbest | 03:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
レイチェル・イジュンリム賞 The Rachel Lee Jung-Lim Award  
2月9日、大阪で開かれた関西建設アスベスト訴訟大集会に参加した折、
講演者の古谷杉郎氏が、自ら事務局長を務める、石綿対策全国連絡会議に
レイチェル・イジュンリム賞が授与された、大変名誉なことだ、と
述べた。

受賞理由をメモしたいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

過去30年間、石綿対策全国連絡会議(BANJAN)は、私たちに何万もの
アスベスト被害者のことを気づかせてくれました。

BANJANは、2005年にクボタによるアスベスト関連疾患を明らかにしました
(クボタショックとして知られています)。これは、アスベスト問題と
それがいかに働く者の労働衛生だけでなく、住民の環境衛生にも影響を
与えるか、日本社会の注意を呼び覚ましました。

活動家と被害者を両輪にして走り続けた30年間は長く困難な道のり
でしたが、BANJANがはじめたこの枠組みは、隣の韓国からはるか
インドネシア、インド、パキスタンや他のアジアと世界に、野火のように
ひろがっています。

BANJANは、労働者と住民の連携、労働組合と市民団体の連携が専門家や
被害者と手を携えて取り組むことが、社会がアスベストの脅威からの
安全を実現するために必要であることを示してきました。私たちは、
連帯と感謝の気持を込めて、BANJANの30周年をお祝いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ネットで Rachel Lee Jung-Lim Award を調べてみた。
アスベスト問題について多くを書かれている、
Laurie Kazan-Allen 氏のブログの中にこの賞について書かれた文章を
見つけた。

http://www.ibasecretariat.org/lka-rachel-lee-jung-lim-award.php
参照


| Till*eulenspiegel | アスベスト−Asbest | 02:11 | - | - |
植民地主義・人種主義・軍国主義
このところ、1月半ばに IWJ で配信された、板垣雄三先生のインタビューを
何度も何度も見返して学んでいる。

板垣雄三先生は、著名なイスラーム研究者にして歴史家ということだ。

板垣先生曰く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イスラエルのパレスチナ入植は、ポストコロニアル、コロニアリズム。
つまり、植民地主義が終わった後の植民地主義。もう終わったはずの
植民地主義だから、もうないはずの植民地主義だから、
人は注目しないし、情報は隠蔽される。

パレスチナに向き合わないホロコーストについての語りは、ホロコーストの
共犯ではないのか?

植民地主義、人種主義、軍国主義の権化とも言うべき国が世界に3つある。それは歴史の古い順で、日本、アメリカ合衆国、そしてイスラエルだ。白村江の戦いから、日本は朝鮮への出兵を繰り返してきたのだ。朝鮮の併合と満州国の建国。国内でも、沖縄の征服はもちろん、征夷大将軍を派遣しての蝦夷・陸奥の征服。アメリカ合衆国の建国は原住民から収奪の歴史。そして、イスラエルのパレスチナ入植と呼ばれる侵略。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


学んで伝えよう。植民地主義、人種主義そして軍国主義を放棄しよう。
そうでなければ、またこの国は過去のあやまちを繰り返してしまう。
放棄するように働きかけよう。平和を求め続けよう。


| Till*eulenspiegel | 日本-Japan | 01:00 | - | - |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop