Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
オーガニック食品について<グリーンピースからのお知らせ>
以下のメールがグリーンピースから届きました。
朗報ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[速報]イオンが、全国でオーガニックを増やすこと、ネオニコチノイド系農薬を含め、できうる限り農薬を使用しない、安全性の高い農産物を提供していくことを公式に話してくれました!12,034筆一人ひとりの署名の成果です!


こんにちは、グリーンピース・ジャパン、食と農業担当の石原です。
署名をしてくれたみなさんにうれしいご報告です!
「オーガニックの取り扱いを増やして」という12,034人の声が、スーパー最大手のイオンに届きました!


今月7日に、みなさんの署名12,034筆を持って、イオン本社に伺いました。
署名を手渡して、署名と一緒に集まったコメントを紹介すると、こう話してくれたのです。

「12,000人の声はとても大きく、無視できない。
2020年までに国産の有機野菜の取り扱いを高め、北海道から沖縄まで、オーガニックコーナー常設店舗を増やすため、身近に買える体制を生産者と消費者とともに真剣に作り上げている。
オーガニックの品揃えを国産野菜で充実させ、イオンに行けばオーガニックが買える、と消費者に思ってもらえるようにしたい。
ネオニコチノイド系農薬を含め、できうる限り農薬を使用しない、安全性の高い農産物を消費者に提供できるようにしていく。」

これは、大きな、大きな一歩です。

大手スーパーがもっとオーガニックを増やしてくれれば、だれでも気軽に、オーガニックを選べる社会に近づきます。
それだけではありません。
大手スーパーが農薬を減らす方向に動くことで、ミツバチなど農薬の影響を受けている生きものをまもり、自然環境と調和した農業が普通になる、社会の流れを作り出します。

みなさんからの声がなければ、イオンもこのように積極的なビジョンを言葉にしてくれなかったはずです。

私たちは、イオンが有言実行してくれるように、私たちの健康や自然環境にやさしいスーパーになってくれるよう、対話と働きかけを続けていきます。

ぜひ、このうれしいニュースをシェアして広めてください!


グリーンピース・ジャパン 食と農業担当 石原謙治
P.S. 2017年も、私たちはネオニコ系農薬の規制を求める活動や、オーガニックを増やす仕組みづくりへの働きかけを続けていきます。そのほかにもグリーンピースでは、自然エネルギーを増やす、サステナブルなシーフードに転換する活動も行なっています。ぜひfacebookやブログをチェックしてみてください!


グリーンピースは、環境保護と平和を願う市民の立場で活動する国際環境NGOです。問題意識を共有し、社会を共に変えるため、政府や企業から資金援助を受けずに独立したキャンペーン活動を展開しています。


国際環境NGO グリーンピース・ジャパン
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-13-11 NFビル2F
TEL:03-5338-9800 FAX:03-5338-9817
www.greenpeace.org/japan

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大手のスーパーがこのようにアクションを起こしてくれることは、
本当に喜ばしいことですね。youtube では、どれほど食品添加物が
使われているか、また、農薬が使われているかを検証している
動画が見れますね。

安全な食を消費者が求めないと、生産者側はこんなものかと思って
しまいます。アレルギーと農薬は深く関わっているとも、また
発達障害と食品添加物が深く関わっているとも聞きます。





| Till*eulenspiegel | 環境保護 - der Umweltschutz | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
西宮こしき岩アスベスト裁判 第3回口頭弁論のお知らせ
2月14日火曜日、神戸地方裁判所にて、第3回口頭弁論が開かれます。
是非、多くの方々に関心を持っていただき、傍聴していただきたいと
思います。

なお、現在、環境省では、以下のように、パブリックコメントを募集中
ということです。 (環境省HPより引用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

建築物等の解体等工事に伴う石綿(アスベスト)の飛散は、社会的に強い関心が寄せられており、周辺住民の不安を解消し、より安全な解体等工事を進めるために、周辺住民等との間の円滑なリスクコミュニケーションの重要性・必要性が高まっています。
 このため、環境省では、「石綿飛散防止対策に係るリスクコミュニケーションガイドライン策定等検討会」(座長 小林悦夫公益財団法人ひょうご環境創造協会顧問)を設置し、建築物等の解体等工事の発注者及び自主施工者に向けたガイドライン案をとりまとめました。このガイドライン案は、解体等工事における石綿飛散防止対策に関するリスクコミュニケーションの基本的な考え方や手順をとりまとめたものです。
 このガイドライン案について、広く国民の皆様から御意見をお聴きするため、平成29年2月2日から3月3日の間、パブリックコメントを募集します。



環境省HP
http://www.env.go.jp/press/103563.html

パブリックコメントの提出先
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=195160072&Mode=0



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アスベスト禍を未然に防ぐために努力いたしましょう。



| Till*eulenspiegel | アスベスト−Asbest | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop