Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
個人になれない日本人
やんばるの森を守ろうと、あちこち電話をかけていた。

アキノ隊員から、やんばるの森の上を、おそらく轟音をたてて飛んでいる
のだろう、オスプレイの画像が Facebook に送られてきていた。
同時に、リュウキュウウラナミジャノメが今日はたくさん飛んでいた、と
いう報告もきていた。

チョウには興味が全くなかった。リュウキュウウラナミジャノメの画像を
見ても、ああジャノメチョウね、くらいの印象だった。
リュウキュウウラボシシジミの名前を知らされても、名前が長く
なかなか覚えられないなあ、くらいの印象だった。

沖縄防衛局に抗議し環境省に電話をするために、メモを用意した。
環境省に電話をかけて、しっかり繋いでもらうためには、しっかり
相手がどこかを伝えなければならない。
環境省自然環境局、野生生物課希少種保全推進室。役所はたとへば
こんな風に細分化されている。しっかり繋いでもらって、
しっかりこちらの要望を伝えなければならない。
そのためには、

「現在、オスプレイのヘリパッドの建設が進められている沖縄東村高江
のN1表、あるいは裏は、希少野生動植物で、沖縄固有種、
准絶滅危惧種に指定されている、リュウキュウウラナミジャノメの
多産地です。何卒、このことを市民に周知していただきたい。

あるいは、絶滅危惧B類に指定されているナミエガエル、ホルストガエル
の生息地です。

あるいは、絶滅危惧A類に指定されているヤンバルクイナ、ノグチゲラの
生息地です。

このことを市民に周知してほしい。力を貸してほしい。」

こう主張できるように、HPを見てメモし、準備しなくてはならない。

希少種保全推進室の人は言った。

「もう一度言ってください。何チョウですか?」

「リュウキュウウラナミジャノメです。絶滅から守るのが環境省の
仕事のはず。なんとか力を貸して欲しい。」

そう言って、電話を終えて。数日がたった。
今。N1付近はフェンスとフェンスで道が作られ、分断され、チョウは
それを飛び越えることができても、カエルはできないだろう。
オスプレイの排出する熱風は、湿地帯を侵し、多数の希少種は
生き残れないだろうと言われている。

改めてリュウキュウウラナミジャノメをよく見た。羽根の裏側の
白い紋がさざなみのような紋でしかもくっきりと美しい。
リュウキュウヒメジャノメも見たが、それぞれかなり違う。

気になってリュウキュウウラボシシジミをもう一度よく見た。
白い羽根に黒い小さな星がとても可愛らしい。
このチョウは1センチ程の小さなチョウだという。

そういへば、アキノ隊員のブログに、フタオチョウの蛹化の動画と
羽化の画像があった。前にも見ていたがもう一度見てみた。
幼虫の時の角、蛹化する時の様子、羽化したチョウの見事な美しさ、
豪華さ。あちこちのサイトで、フタオチョウが飛んだ時の姿を見てみた。

いてもたってもいられずに、ドイツの鱗翅協会にメールを書き、
日本鱗翅学会の各支部に電話をしてみた。
日本鱗翅学会はすでにこの3月、高江のヘリパッド建設に反対する文書を
防衛省、沖縄県等に宛てて出していることがHPから分かったが、
とりあへず、個別に抗議してもらいたいと思って、片っ端から電話を
かけてみた。

ある支部での電話のやりとりを紹介する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「担当に変わりますので、お待ち下さい」

「はい。」

「こちら○○大学ですが、学生たちに署名活動などすることはできかねます。」

「あの。緊急事態なんですよ。そんなことをしてもらいたいわけでは
ありません。」

「じゃあ、何を?」

「鱗翅学会の支部がこちらということで、お名前も上がってますので、
個人として抗議の電話をかけてもらいたいのです。」

「個人ですか?一体、誰ですか?」

「○○さんと、名前が上がってますが。」

「どこに上がってるんですか?どこのHPですか?」

数分が経過する。PCを操作している様子。

 。。。。。。。。。。。。。。


「もう結構です。緊急事態なんです。失礼します。」



どこへの電話も似たり寄ったりで、自分の住まいの近くのチョウには
興味があるが、遠くのチョウのことまで興味はない、と言う人もいた。

やんばるの森は一体どのくらい生き続けてきたのだろう。
調べたけれどわからなかった。
日米安保と言っても、過去数十年、今後数十年としても、たかだか
百年ちょっとだ。
東洋のガラパゴスとも言われるやんばるの森。固有種が数多く生息して
いる亜熱帯の森。亜熱帯に森があることその事が希少なのだと言う。


個人で抗議の電話をかける。それがそんなに難しいのだろうか?
いつも○○大学、○○新聞、○○会社、それが後ろにある日本人。
公安に目を付けられる、そう言う人もいる。
Seals はすでに公安の監視対象だよ、ということがネットでも言われている。
デモをしたから、自己主張したから公安対象。
それなら、個人が皆、監視対象となることをすればいいのだ、と
思うことにしている。全市民が監視対象になれば、それが普通になって、
公安は何を監視すればいいか、わからなくなるだろう。
冗談じゃなく。

私は思う。この国から絶対、スノーデンは生まれないし、
映画『スノーデン』(オリヴァー・ストーン監督)は作られない。
スノーデンは、たった一人の個人 citizen4 として行動した。
ドキュメンタリーの中で、インタビューがしばらく続いた後、
Guardian の調査報道記者 Ewen MacAskill の

 I don't know your name. という言葉に、忘れていたという風に

 Sorry. My name is Edward Snowden. と答えている。

彼自身が一個人として決断し、記者もこの一個人を受け入れた。
そして名前がスノーデンだった。

| Till*eulenspiegel | 日本-Japan | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
自民党の憲法改悪草案
是非見て欲しい。これは、一人一票実現国民会議を主宰されている
升永弁護士が自力で出している広告です。









憲法第21条は、以下のようになっています。

集会結社及び言論出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。


それでは、自民党の憲法改正草案では、第21条はどうなっているでしょうか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、保障する。

2  前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一応最初の条文では、表現の自由を認めるものの、2で、公の秩序を害することを目的とした場合は認められない、という条件が付いているのです。しかも、公の秩序を害すること、という曖昧な表現で、これに、市民の権利であるデモや、街宣活動が入ることも考えられます。サイレントデモでさえも、ある人が、「公の秩序を害している」と判断すれば、それはできないことになります。


自民党憲法改悪草案について、多くの人々と知識を共有しなければなりません。升永氏の Facebook を是非ご覧になってください。


マスコミは決してこのことを報じません。一人でも多くの人々に
このことを伝えたいのです。ドンドンコピーして、伝えてください。
よろしくお願いいたします。

| Till*eulenspiegel | 日本-Japan | 03:04 | - | - |
チャップリンの独裁者から
youtube で大野裕之さんの講演 『チャップリンとヒトラー』を
見て聞いて、触発されて、有名な6分間のスピーチをメモしておく
ことにした。

大野氏の講演の要旨は、互いに、ドキュメンタリー(ヒトラー)と
映画(チャップリン)という、熾烈なメディア戦を戦った、この戦いに
どちらが勝ったのか、というもの。

正に、私たちの現在の問題とリンクしていた。


なおこの翻訳は、約40年前、高校生の時、名画座で見た『独裁者』の
パンフレット(昭和48年発行)から。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トーキー嫌いのチャップリンがシャベリまくった世紀の6分間



私は皇帝になりたくない

支配はしたくない

できれば援助したい

ユダヤ人も黒人も白人も

人類はお互に助けあうべきである

他人の幸福を念願として―

お互いに憎み合ったりしてはならない

世界には全人類を養う富がある

人生は自由で楽しいはずであるのに

貪欲が人類を毒し―

憎悪をもたらし

悲劇と流血を招いた

スピードも意志を通さず

機械は貧富の差を作り

知識をえて人類は懐疑的になった

思想だけがあって感情がなく

人間性が失われた

知識より思いやりが必要である

思いやりがないと暴力だけが残る

航空機とラジオは

我々を接近させ

人類の良心に呼びかけて

世界を一つにする力がある

私の声は全世界に伝わり

失意の人々にも届いている

人々は罪なくして苦しんでいる

人々よ失望してはならない

貪欲はやがて姿を消し

恐怖もやがて消え去り

独裁者は死に絶える

大衆は再び権力を取り戻し

自由は決して失われぬ!

兵士諸君 犠牲になるな!

独裁者の奴隷になるな!

彼らは諸君をあざむき

犠牲を強いて家畜のように追い廻す

彼らは人間ではない!

心も頭も機械に等しい

諸君は機械ではない! 人間だ!

心に愛を抱いてる

愛を知らぬ者だけが憎み合うのだ

独裁者を排して自由の為に戦え!

「神の王国は人間の中にある」

すべての人間の中に! 諸君の中に

諸君は幸福を生む力を持っている

人生は美しく 自由であり

すばらしいものだ!

諸君の力を民主主義の為に

結集しよう!

よき世界の為に戦おう!

青年に希望を与え

老人に保障を与えよう

独裁者も同じ約束をした

だが彼らは約束を守らない!

彼らの野心を満たし

大衆を奴隷にした!

戦おう! 約束を果たすために

世界に自由をもたらし―

国境を除き―

貪欲と憎悪を追放しよう

良識の為に戦おう

文化の迫害が全人類を

幸福に導くように

兵士諸君  民主主義の為に!


       *

ハンナ 聞こえるかい

元気をお出し

ご覧 暗い雲が消え去った

太陽が輝いている

明るい光がさし始めた

新しい世界が開けてきた

人類は貪欲と憎悪と暴力を

克服したのだ

人間の魂は翼を与えられて

やっと飛び始めた

虹の中に飛び始めた

希望に輝く未来に向って

輝かしい未来が 君にも私にも

やって来る 我々すべてに!

ハンナ 元気をお出し

ハンナ 聞いたかい

聞きなさい!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何度か映像で見たし、聞いたスピーチだったが、今回初めてメモしてみて、
最後の方の、

「人間の魂は翼を与えられて
 やっと飛び始めた
 虹の中に飛び始めた」

の表現が心に残った。

すでに山の頂上にいる、と語ったキング牧師を思わせる、
人間の理念に近づこうとしている言葉だと思った。
大野さんの言い方に倣って言えば、
独裁者の毒に対しては、理念の毒で、と言うのは言い過ぎだろうか。

ヒトラーのズデーテン侵攻が、英仏両国の首脳によって容認された
(ミュンヘン協定)のが1938年9月30日。『独裁者』は1938年ころから準備
され始めたと言う。公開は1940年。

また、チャップリンはこのようにも語っているという。
6分間のスピーチも、この言葉も、いつか英語でメモしたい。


「私は祖国を愛している。
 だが、祖国を愛せと言われたら
 私は遠慮なく祖国から出てゆく」

http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/d11bf8370657a8c6a160324c447c7ab1
参照


| Till*eulenspiegel | 映画 - Filme | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
ノグチゲラ 希少野生動植物種
現在オスプレイのヘリパッド建設が始まりつつある、沖縄東村の高江は
ノグチゲラや、ヤンバルクイナの生息地でもあるという。

話で聞いているだけではわからない現実を、この方のブログで
見て知って、考えた。

http://akinotaiinnorinshitaiken.ti-da.net/e8875815.html

オスプレイの深夜の訓練は灯火もせずに、100デシベルもの音をたてて
なされているという。

環境省に電話をして、防衛省に抗議すべきでは、と問い合わせたが、
ボスが同じ人なので、なかなか戦えないと、率直に電話口で、その
役人の方はおっしゃった。

当然だ。闘うのは、市民なのだ。だから、市民が闘えるように、
ここにこんなに大事な動植物が住んでいるということを
多くの市民に知らせる工夫をして欲しい、そう要望した。

新聞社にもメールを書いた。

お金と時間があれば、すぐにでも高江に
行って、抗議活動に参加したい。がそれができなくとも、何かできることが
あるはず。考えてみよう。そのためにも、

宮城秋乃さんのFacebook、そしてブログ、
「アキノ隊員の鱗翅体験」を是非訪れて見て欲しい。
画像が何を語っているのかを聞いて欲しい。


| Till*eulenspiegel | 環境保護 - der Umweltschutz | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop