Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
おしらせ
都合により、年末まで、ネットを離れます。
新年より、またよろしくお願いいたします。

Frohe Weihnachten ! メリー・クリスマス !

Guten Rutsch ins Neujahr !  よいお年を !

どんな年が待っていようとも。私たちにはかなわなくても、
私たちの子どもたちが、あるいはまた、その子どもたちが勝利することを
願って。

| Till*eulenspiegel | - | 03:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
新もんじゅ訴訟 原告募集のお知らせ
この度、河合弘之弁護士、海渡雄一弁護士をはじめ、旧もんじゅ訴訟
弁護団事務局長福武公子弁護士等、多数の弁護士が参加して、
新もんじゅ訴訟が起こされることになりました。

もんじゅからおおむね250キロメートルの地域、すなわち、

新潟県(一部)、富山県(全域)、石川県(全域)、福井県(全域)、滋賀県(全域)、岐阜県(全域)*、群馬県(一部)、長野県(全域)、山梨県(一部)、静岡県(一部)、愛知県(全域)、三重県(全域)、奈良県(全域)、和歌山(全域)、大阪府(全域)、京都府(全域)、兵庫県(全域)、岡山県(一部)、鳥取県(一部)、香川県(一部)、徳島県(一部)

の住民は原告になることができます。

詳しくは以下の、脱原発弁護団全国連絡会HPを参照してください。

http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/news/15-12-04/

一人でも多くの原告を募っていらっしゃいます。
書類の締め切りが今月18日とせまっています。提訴は今月25日
ということです。私も当時者となり、注目し続けていきたいと
考えています。



| Till*eulenspiegel | 原発−Atomkraftwerk | 14:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
水木しげるの生涯のテーマ
フランクフルター・アルゲマイネ アーカイブから
2015年12月2日付け

良い妖怪は平和な時代にしか現れない

生涯のテーマは戦争:日本の漫画家 水木しげる氏の訃報に接して

武良茂は、あらゆる幻想を失い、かろうじて片腕だけは残って、第2次世界大戦から帰ってきた。ビスマルク諸島での出撃の時、1922年大阪生れのこの日本人は、二重の地獄を体験した。一つは、上官によるいじめであり、もう一つは、アメリカ軍による容赦無い爆撃である。学業後、すぐに召集され、障害を持つ身となったこの男は、日本の再軍備に対する徹底的な敵となったし、天皇裕仁が在位し続けることが象徴でもあった政治的連続性に対する批判者ともなった。彼の最も野心的な作品のタイトルは、嘲笑うかのように、ただあの元号のみだ。すなわち、1926年に裕仁がその元号とともに帝位につき、彼が在位し続けたが故に60年以上も続いた年月の名、輝かしい平和のエポック、Showaである。

武良が漫画家として名乗った、水木しげるは、この時代と決して仲直りしなかった。漫画 Showa は、彼自身60代の半ばにさしかかるころ、裕仁の死の直後に描き始めたもので、2000ページにもおよぶ物語であるにもかかわらず、二年後には完成していたという作品だ。この作品で、水木は1990年、日本の最高の漫画賞である、講談社漫画賞を受賞した。それは、片腕だけのこの漫画家にとって、どれ程困難に始まったものか、想像するに難くない彼の漫画家としてのキャリアへの王冠だった。傷痍軍人であるこの男は、1945年、まずは紙芝居絵師として、その障害を乗り越え、それと同時進行で漫画を描くことを覚えていった。1957年、最初の漫画、『ロケットマン』が出版された。これは、一見して、巨大な成功を収めることとなった、あの原子力を動力として空を飛ぶロボットの少年を描いた手塚治の『鉄腕アトム』を借用したことがわかる、というものだった。しかし、すぐに水木は彼自身のテーマである、妖怪に打ち込み始めた。妖怪とは、子供時代に物語によって知っていた、日本の精霊や悪霊のことである。1959年、彼は人間界と妖怪界の両界で行動する孤児の少年、鬼太郎を描いた漫画シリーズを描き始めた。この鬼太郎が、水木を日本のスターにしたのである。

水木は、ずっと彼を駆り立ててきたあのテーマを、今こそ漫画として描くために、この名声を使うことにした。1971年、ヒットラーの伝記を出版、1973年には、彼自身の戦争体験を描き語った。これは、Showa にも再録されたものだ。しかし、妖怪たちも、彼を離さなかった。1977年に日本で出版され、25年後フランスでも出版された『のんのんばあ』は、遅ればせながら彼に世界的な名声をもたらした。水木しげるはかつて、こう語った。妖怪たちは、平和な時代にだけ現れるんだ、と。さて、東京で、彼は93歳で亡くなった。恥ずかしいことに、彼の漫画のただの一冊もまだドイツ語で出版されていない。

アンドレアス・プラットハウス


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フランクフルター・アルゲマイネの Feuilleton 文芸欄に掲載された
記事を訳した。
そこには、2010年の水木しげる氏と鬼太郎&目玉おやじのフィギュア
が写ったカラー画像が掲載されている。

アンドレアス・プラットハウス氏は、これまで調べたところでは、過去に
『千と千尋の神隠し』についての記事を書いている。
そのドイツ語は、尊敬に満ち、感動しながら訳した。

訳文中の Showa は、『コミック昭和史』と日本語で呼ばれている作品
である。またビスマルク諸島とは、パプアニューギニア諸島のこと。
なお、Wikipediaによると、水木氏が戦地から引き上げたのは1946年で、
その後、紆余曲折を経て紙芝居絵師となったと思われ、Filmvorfuehrer は映画の前身者という意味なので、とりあへず紙芝居絵師と訳した。

大事な人を困難な時代に、また私たちは失ったけれど、この Showa を
読めば、彼に会えるわけです。



| Till*eulenspiegel | 人 - Menschen | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< December 2015 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop