Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
ペギダとは何か?なぜペギダなのか? 1
10月20日のペギダ一周年前後にあふれたペギダ関連の記事の中で、
19日にフランクフルター・アルゲマイネに掲載された
ドレスデン工科大学、憲法&民主主義研究センター長
Dr. ハンス・フォアレンダー氏
の長文の記事が気になったので、
読んでみることにした。

http://www.faz.net/aktuell/politik/die-gegenwart/protestbewegungen-was-ist-pegida-und-warum-13863310.html

シェア数も10月28日現在で、686を数え、通常ペギダに関する記事には
ほとんど読者の意見もないが、この記事にはすでに54件の意見が寄せられ、
それぞれに「同意」をクリックした人々も多く、ある意見には400人を
越す「同意」が表明されている文章だ。

長文なので、訳ができ次第、その都度少しづつではあるが、ここで報告していこうと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

抵抗運動
『ペギダとは何か?なぜペギダなのか?』

過剰な感情、対決的姿勢、ポーズ的な憤慨の見せ方、権威のある
場所・通りでコミュニケーション力を生み出そうとする試みの成功、
これらが、ペギダを、新しいスタイルの抵抗グループに押し上げた。

この夏であれば、ペギダの終息を予想するのに十分な根拠も
あっただろう。かつて、何万人も動員可能だったこの運動の中で、残って
いたのは、変わらず抵抗し続けていた、過激な市民からなる
小さなグループだけだった。

主催者たちは、ペギダに新しい生命を吹きこもうとして、
オランダの右翼扇動家ゲールト・ヴィルダースを招いたが
無駄に終わっていた。汎発的な抵抗運動で右翼扇動的な流れを
将来的に作って行こうという試みは、成果もないままだった。
けれども、彼らは諦めなかった。

今、「愛国主義的なヨーロッパ人たち」は再びそこにいる。彼らが
初めて、ドレスデンの中心部で、いわゆる「西洋のイスラム化」に
対してデモを行って以来の1年という時が、難民危機を、
ルッツ・バッハマンの周りに群がる主催者たちの手にこっそりと
手渡した。そして、それだけではない。もともとレトリックは自制心を
失わせるものだから、今度は路上での過激行動が増大した。

難民収容所への攻撃、難民補助者・警察官・政治家・ジャーナリスト
への侵害、通りの封鎖も、政治家についての大雑把な侮辱的発言も
ペギダとペギダが作った環境に起因している。
もし、路上を野蛮化したこのペギダという運動が、その基盤を固め
ることになったら、ペギダはレトリック上の放火を実行すると
いうのか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このフォアレンダー氏の文章から、かつてのドイツで、
ユダヤ人に対する差別が、シナゴーグへの放火で始まったこと
(水晶の夜・Kristallnacht)を連想する人は少なくないだろう。

しかも、ペギダでレトリックで語られる放火は、すでに40件以上とも
言われる放火や犯罪に現実化している。ショアー(ホロコースト)への
悔悟の念からだろう、ドイツの良心を示し、難民を受け入れている
人々の気持ちを思うといたたまれない。

日本ではヘイトスピーチとネトウヨ。。
歴史修正主義者というより歴史歪曲主義者の、南京大虐殺はなかった、従軍慰安婦はいなかった、
という欺瞞。鶴橋大虐殺とネット炎上。
鈴木邦男さんは、語っている。

「また、この国はやりますよ、大虐殺。」

少なくともドイツと日本のレイシズムから、目は絶対そらさない。

| Till*eulenspiegel | ドイツ- Pegida | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
10月28日 一人一票裁判 口頭弁論




以下のメールが来ました。画像とともに、掲載いたします。
関西在住で、口頭弁論の傍聴に行けません。
可能で、応援したい方々にはできるだけ行っていただきたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みんなの1票 みんなで1票
一人一票実現国民会議 事務局より☆ 

1人1票実現サポーターの皆様

こんにちは!

10/28(水)の最高裁弁論まで、あと1週間となりました。

6年間、1人1票裁判をウォッチしてきましたが、今回の裁判は、あとにも、さきにも、最も重要な裁判になると思います。
今回の判決で最高裁が1人1票の原則を明言しなければ、来夏の参院選を経て、日本は国民主権国家ではなくなり、国会議員国家になってしまと推察されるからです。
明日(東京新聞)、明後日(中日新聞)で、10/28(水)最高裁弁論に関する意見広告(全面広告)が、掲載されます!
ぜひ、コンビニでお求めになって、来週の弁論のことをSNSで広めて下さい。
そして、お時間があれば、是非、最高裁弁論に参加して下さい!

当日は、例年どおり、0.6票君としんさ君との記念撮影等も予定しております。
弁論当日用のチラシはこちらから!→ http://www.ippyo.org/topics/2015020201.html

弁論は、傍聴希望者が多い場合、抽選となります。
抽選のための整理券の配布〆切時間は例年ですと12時半ごろになります。
時間が確定しましたら、再度、国民会議HP、ツイッター、フェイスブック等でお知らせいたします。

弁論に参加して、1人1票の原則を明言する最高裁裁判官へ、エールを送りましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前 twitter でこの問題について応援していることを表明したところ、
「富裕層の犬」というリツイートがあり、その他の点でも
個人の twitter に限界も感じてやめてしまった、ということがあります。
この問題、いろいろと思い悩むところですが、
やはり、理想として、いかに地方の代議士であっても、国会議員は
地方の総体として、国全体のことを考えるべきなのではないか、と思います。

| Till*eulenspiegel | 日本-Japan | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
フランクフルター・アルゲマイネ10月18日 (ペギダ) 3
ブフィアー「答えを持たず」

ヘッセン州首相でCDUの副総裁でもあるフォルカー・ブフィアーは
「ベルト紙」に対し、こう語った。

「ペギダは、黙殺できない不満の表現だ。がしかし、この運動は抵抗の
力を、誰のためにもならないやり方で、表現する。ただ憎悪だけを
かき立てる者は、答えなど持ってはいない。」

先週月曜のペギダデモでは、絞首台の模型も誇示され、このことが
連邦レベルの反対と、ドレスデン検察庁の刑法上の捜査のきっかけと
なったという。絞首台の上には、

「予約済 アンゲラ・ママ・メルケル」
「予約済 ジークマル・ゲス・ガブリエル」

というプレートが取り付けられていた。しかも副首相かつ連邦経済省の
ファーストネームは間違って書かれていたのである。
その週末、エルツ山地に住む39歳の男が張本人と自称し、この行為を
「風刺だ」と、語ったという。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月20日前後、多くの記事が書かれたものの、全部を訳して掲載できない
ため、その都度の記事は、画像とともにヘッドラインだけを訳して
Facebookに載せています。

https://www.facebook.com/profile.php?id=100009741467533

| Till*eulenspiegel | ドイツ-Deutschland | 01:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
フランクフルター・アルゲマイネ10月18日(ペギダ)2
バッハマンがピリンチを招待

警察は、ペギダ支持者と反ペギダを数万人と予測しており、大規模な
警察動員を予定している。反外国人・反イスラムグループは昨年10月20日、
ドレスデンでの第1回目のデモに集まってきた。ペギダのボス、
ルッツ・バッハマンはゼンパーオーパー前のテアタ―プラッツの集会には
多くの国際的に活躍する人々を招待客に招くと予告していた。
その中には、ドイツ在住トルコ人の作家アキフ・ピリンチも含まれている。
彼は、反ホモセクシャル、反移民の立場を表明していることで有名だ。

それに対して、"Herz statt Hetze" 「扇動ではなく心を」という
モットーのもとで、複数の政党、労働組合、教会、団体、市民運動
からなる同盟が、アルトシュタット(市の中心部)へ星の行進を
する予定だ。この日を「ペギダが失敗する日」にしたい、と
Dresden Nazifrei <ドレスデンのナチ開放同盟>のジルヴィオ・ラングは
語った。
ペギダ・反ペギダの両側が、同盟両側の集会への参加を呼びかけた
ことになる。


デ・メズィエール 「消えろ」

連邦内務大臣のトーマス・デ・メズィエール(キリスト教民主同盟)は
激しい言葉で、ペギダ運動を批判した。

「この間はっきり分かってきたのは、この運動を組織している者達が
過激な極右主義者たちだということだ。」

デ・メズィエールは日曜夜のARDテレビ「ベルリンからの報告」の中で
語った。

「彼らは、政治的亡命者を誰も彼も犯罪者と呼び、あらゆる政治家を
大反逆者と呼ぶ。これは、あらゆる民主的なコンセンサス(合意)から
遠い言葉だ。」

ペギダデモに参加する者は、「自分がねずみ取り(ハーメルンの笛吹き男)
の後ろを追っかけているということ」を知らなければならない、と大臣は
警告した。そして、この件を心配しているすべての人々に対し
次のように要請した。

「このような憎悪、このような毒を私たちの国に撒き散らす者達に
近づくな。」



またデ・メズィエールは、支持政党なしを表明しているケルン市長、
ヘンリエッテ・レーカーに対する刺傷事件について、「怖ろしい犯罪」
と表現し、「難民を保護しようとする一人の女性、そして幾人かの協力者
に対する殺人計画だ。ショックで言葉もない」と語った。
また政治的亡命者と収容施設に対する犯罪行為の数が、昨年と比べて
3倍にもなっていること、全部で40件を超えていることについて、
「途方も無い数だ」と語った。

以前、組織的な極右主義とも関わっていた44歳の男が、土曜の朝、
ケルン−ブラウンスフェルトのCDU(キリスト教民主同盟)選挙
スタンドでレーカーを狩猟用ナイフで襲撃し、重症を負わせた、
と言われる。
検察庁は、このケルン人を殺人未遂と、レーカーの選挙チームの
4人の協力者に対する傷害罪で訴追する。
心理テストによれば、この暗殺者は責任能力を有しており、動機として
外国人憎悪を挙げたということだ。



| Till*eulenspiegel | ドイツ-Deutschland | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
フランクフルター・アルゲマイネ10月18日(ペギダ)1
ペギダ一周年の記念日を目前に控えてのFAZの記事。

『憎しみを撒き散らすやつらには近づくな』

ペギダ運動が一年前に初めて路上を行進して以来、多くのことが起こった。
ドレスデンで行われる記念の集会を目前にして、暴力への懸念が強まる。
一人の大臣が激しい言葉で警告する。


http://www.faz.net/aktuell/politik/inland/ein-jahr-pegida-harte-rechtsextremisten-13863942.html

ドレスデンで開催されるペギダとEU反対者の大集会を目前に控え、
ザクセン州の内務大臣マルクス・ウルビッヒ(キリスト教民主同盟)は
暴力から遠ざかるよう呼びかけた。

今週の月曜日にあるペギダ創立一周年に「特別な緊張」が予測される
ことから、ウルビッヒ氏はあらゆるデモの参加者に対し、
暴力から遠ざかり、外国人や政治家また意見の異なる者に対する
中傷に走らないよう、訴えかける、と言う。

暴力も憎しみも解決にはならない。なぜなら

「私たちの社会の平和が、感情的に破壊され、私たちが誇りとする、
私たちの民主的な基盤が危険にさらされてしまうからだ。」


ウルビッヒ氏は、この月曜日にあるデモ中は、ドレスデンの警察センター
で待機するために北海での休暇を返上した。彼はデモの参加者たちに、

「どんなシグナルがドレスデンから、とりもなおさずザクセンから
送られるか」


それは彼らの手のうちにあるということは、明白なことだ、と
求めた。警察は十分な準備をしており、時に応じて、

「徹底的に断固たる処置をとる」
という。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像は以下参照。

https://www.facebook.com/profile.php?id=100009741467533

ペギダデモを上回るカウンターデモがあることを願う。

| Till*eulenspiegel | ドイツ-Deutschland | 13:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
10月12日のドレスデンのペギダデモ
フランクフルター・アルゲマイネの国内版で13日に登場していたようだが、
この記事は17日版。
12日に行われたドレスデンでのペギダデモで、初めて絞首台の模型が
登場し、問題となっている。

http://www.faz.net/aktuell/politik/inland/bild-zeitung-findet-mann-mit-galgen-attrappe-von-pegida-demonstration-13861632.html


Reserviert Angela Mutti Merkel

Reserviert Siegmar "das Pack" Gabriel

予約済 アンゲラ・ママ・メルケル
予約済 ジークマル・ゲス・ガブリエル 

と書かれた二枚の紙が絞首台にぶら下がっているもの。

すでに検察庁は捜査を始めており、その理由として、

「処罰に関する行為での脅迫により公共の平和を妨害したこと」
「処罰に関する行為を挑発したこと」
「大衆を扇動したこと」

を挙げていること、さらにこうも付け加えている

「難民反対のペギダ運動は、2014年10月20日、ドレスデンの路上に
初めて現れた。一周年記念が近づく今週の12日の月曜には、
<夜のお散歩>は許可されておらず、行進しない集会が許可されて
いただけだった。市民社会は、反対デモを行う予定。このデモには、
少なくとも5,000人の参加が見込まれている。」


なお、大衆紙・ビルト紙は独自に、この模型を作った男を
「エルツ山地に住む39歳の工具商人で、エルツ山地の
シュヴァルツェンベルクの住居で、見つけた」と、
17日の土曜版で伝えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カウンターデモのことが伝えられ、ほっとする。ペギダのデモは
いつも8,000〜9,000人位で推移しているので、
5,000人と言わず、もっとたくさんの人々に路上に出てほしい。

日本でも、CRAC というカウンターデモが、ヘイトスピーチに対して
行われていることを最近知った。
「のりこえねっと」で詳しく見聞きできるので、訪れて見て欲しい。

| Till*eulenspiegel | ドイツ-Deutschland | 01:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
『記憶と生きる』
神戸新開地アートビレッジセンターで『記憶と生きる』を
見てきた。10月10日〜16日までの上映。

30年来パレスチナ・イスラエルを撮影してきた土井敏邦監督が
1994〜1997年に渡って撮影した、6人のハルモニ。
後に従軍慰安婦と呼ばれる女性たちの姿と言葉。

最初、どのハルモニも同じように見えた。それが、映像を
体験することで、一人一人のハルモニの言葉を、自分が
インタビューしているかのように感じ、映画の最後には、
一人一人の個性、違いを認識し、ハルモニを愛おしく、誇り高く感じて、
嬉しくなった。

金順徳(キム・スンドク)さん、李容女(イ・ヨンニョ)さん、
朴玉蓮(パク・オクリョン)さん、孫判任(ソン・パンニム)さん、
朴頭理(パク・トゥリ)さん、姜徳景(カン・ドクキョン)さんのことを
忘れない。


第二部、姜徳景(カン・ドクキョン)さんの最後の言葉。

「(日本には)行かないでおこうと思っていたけど、

(この姿は)恥だけど見せつけてやろうと思って。

日本政府は・・・大きな罪を犯したのだから、罰を受けるよ。

(慰労金を)受け取ると言った人たちはだめですよ。

始めたんだから、最後まで闘わなければ。そうでしょう?

最後まで闘い抜かないと」


日本の一人の女性である私が闘い抜かなければいけない、
映像はそう言っている気がした。

晩年の姜徳景さん





| Till*eulenspiegel | 従軍慰安婦-Trostfrauen | 02:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
10月2日 フランクフルター・アルゲマイネ(Pegida)
10月2日付、フランクフルター・アルゲマイネによると、

http://www.faz.net/aktuell/politik/volksverhetzung-staatsanwaltschaft-klagt-pegida-gruender-bachmann-an-13836212.html


「ドレスデンの検察がペギダの設立者、バッハマンを起訴:
検察庁が、大衆扇動の容疑で、ルッツ・バッハマンを起訴した。
バッハマンは今年の1月、Facebook において、外国人を
<Viehzeug(虫けら)><Gelumpe(くずども)><Dreckspack(汚いやつら)>と書いていた、という。」


ひとまず、バッハマンが起訴されたということで、ほっとした。
長いことドイツ語に携わってきたが、これらの3つの単語を知らず、
すべて辞書を引いて調べた。3つめの単語 Dreckspack は、
Dreck 「泥」とSpack「オタク、やつら」を合わせて訳している。

いずれにしても、通常、人間が使う言葉ではない。

遡って、1月の事実から起訴した、という所に、検察側の決意を
感じるが、どうだろうか。

10月3日は、統一の日の記念日で、25年前を振り返るドイツの様子を
ZDF Mediathek で見た。
人々は改めて過去を思い出しているようだった。メルケル首相の
支持率は急降下している、と聞くが、
決して間違っていなかったことが、いつか明らかになると思う。

日本人が難民にならない、と誰が断言できるだろう。多くの人々が声を
挙げるのをやめたら、政府の弾圧が酷くなったら、それでも声を挙げる
人 がいたら、それが自分だったら、生命の危険が迫ったら、
人権が認められなかったら、もし、子どもが小さかったら、
お金をかき集めてでも、この国を出ようと思うだろう。
シリアでも、大規模な市民のデモがあり、それが政府軍につぶされた、と
聞く。自分たちがもし、難民になったら、私達は一体どこへ
行ったらいいのだろう。もし、受け入れてくれる所がなかったら。。。

一万人と聞くと大変に思ってしまう。でも
全国津津浦浦の自治体で少数人数づつ受け入れることは可能なのでは、
と思うが、どうだろうか。
ドイツでも、ある農村で1つの家族を受け入れた、と聞く。
1つの情報にすぎないが、是非、この現地を取材した村瀬氏の
レポートを聞いて欲しい。

https://www.youtube.com/watch?v=ZelRdb3Toc4
(Session22 9月1日放送分)

これは人口ではなく、人道の問題だから、なんとかこの地でも、と思う。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


毎日ではありませんが、フランクフルター・アルゲマイネなどで
ドイツ国内でのレイシズムの動き、日本関連について報道されたとき
は、画像と共に、訳をつけて、こちらで保存しております。

https://www.facebook.com/profile.php?id=100009741467533



| Till*eulenspiegel | ドイツ-Deutschland | 01:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
Pegida が再燃
28日、30日と、Pegida のデモがドレスデンで行われ、
8000人近い人々が参加した、とフランクフルター・アルゲマイネが
伝えている。場所は、ドレスデンを象徴する、聖母教会の前、
ゼンパーオーパーの前。

28日
http://www.faz.net/aktuell/politik/inland/rechtsextremismus/dresden-pegida-demonstranten-pruegeln-auf-journalisten-ein-13829147.html

30日
http://www.faz.net/aktuell/politik/inland/rechtsextremismus/dresden-wie-sich-pegida-radikalisiert-13830497.html

28日には、ジャーナリスト2人がデモ参加者に殴られた、また

設立者のルッツ・バッハマンは反イスラムの過激なスピーチを行い、
さらに多くの参加者を誘き寄せようとしている、と記事は伝えている。

バッハマンは、以前、ヒトラーを真似たひげをつけ、自撮り写真を
ネット上に掲載して、代表を辞任した過去がある。


画像には、警察の姿はなく、カウンターのデモもない。心配だ。
| Till*eulenspiegel | ドイツ-Deutschland | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2015 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop