Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
脱原発国はドイツのみ 8
Daniel Wetzel 記者の報告

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原子力発電所建設が有利かどうかのシグナルとなる
市場価格は、近い将来、一層不確実なものとなるだろう。
というのは、アメリカがフラッキング(水圧破砕法)の技術を使い、
オイルガス(シェールガス)を新たに供給し始めて以降、
一次エネルギーの価格は低下しており、結果的に、
資本集中型の原子力発電所への参入はもはや、
どこでも採算のとれないものとなっている。

福島の原子炉カタストロフによって
原子力発電所の安全基準が、非常に厳しくなり、コスト高になった
ために、市場価格は、それに伴い低下している。
グローバル規模の財政危機以降、民間の
エネルギーコンツェルンは、いわゆる一塊のグループになる
危険に対ししり込みするようになっている。
一つの原子力発電所に対し、数百億もの投資をするのは、
とっくの昔に、政治的にもあまりに不確実なものに
なっているのだ。
たとえ、ドイツで脱原発決議が再度取り下げられるとしても、
新規の原子力プラントに投資しようという投資家が現れる
ことはないだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

価格が低下していて採算がとれなければ、資本主義では当然、
こまった産業だ。しかもリスクは半端ない。

核のごみの行き場はない。でもやめられない国がある。
始めたい国がある。売りつけたい国がある。
利益のために。ただ利益のために。

そして、その利益は何のため?

| Till*eulenspiegel | 脱原発ドイツ−Ausstieg von Atomkraftwerk | 03:44 | - | - |
脱原発国はドイツのみ 7
Daniel Wetzel 記者の報告

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ポーランドも初の原子力発電所建設を計画中だ。
地球環境保護という理由からだ。これまで、
シュレージエンの石炭を燃料としてきたこの国には、
経済成長のために脱二酸化炭素エネルギーを準備しようと
いう選択肢は視野になかった。

この度の計画に対しポーランドはパリの国際エネルギー機関(IEA)の援助を受けることになっている。IEAは、
地球の温暖化を今世紀中に2度上昇するのを防ごうとすれば、
移行期間として、2050年まで、世界で稼働される原発が
2倍まで増加することは必要、としている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ポーランド初の原発に関しては2011年夏ころからネット上に
記事がある。政府が建設地として3箇所選定してとか。
GEと日立のコンソーシアムが受注の準備をしているとか。

けれど、建設予定地の建設反対デモもかなり起こっており、
2014年4月の菅元総理のブログ記事によると、
再生可能エネルギーへの動きも起きている。

**************************

「ポーランド政府が、4月8日、再生エネルギー法案を承認」という知らせが届いた。内容は再生可能エネルギーを15年間固定価格で買い取る制度になるという。

http://blogos.com/article/84179/

*************************

しかし、原発建設への準備は着々となされているようだ。
2014年6月18日付 Forum on Energy(日本語版)は伝える。

*************************

World Nuclear Newsによると、工程表上は、2016年末までに最初の原発の立地場所と原子炉のタイプが選定されることになっている。2018年末までに、原発の建設に必要な承認がすべて得られることが望ましい。1号機の稼働は2024年末までに、2号機の稼働は2030年末までに行う計画である。2つ目の原発の完成予定は2035年である。

http://forumonenergy.com/2014/06/18/%E6%96%B0%E8%88%88%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E3%81%AE%E5%B0%86%E6%9D%A5%EF%BC%9A%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89/?lang=ja

*************************

2024年、2035年になったら、再生可能エネルギーのコストは
技術革新でずっと低くなるかもしれない、と考えるのは
単純すぎるだろうか。作りかけた原子炉は、ドイツの
カルカー原子炉が「ケルニー・ファミリーパーク」
(Kernie's Familienpark)になったように、
ファミリーパークになったらいいな、と想像するのは
あまりに夢物語だと思われるだろうか。

でも、ドイツではそれが現実のものとなっている。


| Till*eulenspiegel | 脱原発ドイツ−Ausstieg von Atomkraftwerk | 18:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
脱原発国はドイツのみ 6
Daniel Wetzel 記者報告

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もっとも、ヨーロッパの電力市場は、原子力発電所の建設を
正当化する価格設定を示してはいない。電力の卸売価格は、
一つには、ドイツ、デンマーク、その他のヨーロッパ諸国内の
エコ電力に対する多額の助成金のためもあって、かなり低く
落ち込んでしまっている。その結果、原子力発電所の
建設をもはやリファイナンスできない状況になっている。
そのため、チェコ共和国もつい最近、テメリン原子力発電所の
増設を断念したばかりだ。

一方、イギリス政府はサマーセットのヒンクリー・ポイント
原子力発電所C原発拡張プロジェクトを実現するために、
電力の卸売価格をはるかに超える饋電線にかかる補償金を、
中国−フランスコンソーシアムに保証する計画だ。
EU委員会がこの補助金政策を受諾するかどうかは明らかではない。
ドイツの諸環境保護団体はこのイギリスの国家補助金政策
に反対を表明している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下、ネットから中国フランス企業連合(コンソーシアム)に
ついての記述をコピーして掲載する。これほどの事故の
経験をどう学ぶか。よくよく考えるべきだと思う。

**************************

[北京 2013年12月17日 ロイター]からの引用

英南西部ヒンクリーポイントで建設される新たな原子力発電所への中国企業による出資は、原発輸出大国を目指す中国の野心を明確に示している。しかし、中国企業が原発輸出を本格化させるには、外資との提携なしでは実現不可能であることも事実だ。

ヒンクリーポイントでの欧州加圧水型原子炉(EPR)プロジェクトでは、中国広核集団(CGN)と中国核工業集団(CNNC)が、建設に当たるフランス電力公社(EDF) が率いる企業連合(コンソーシアム)に合計で30─40%出資する見通し。

国営メディアによると、中国国家エネルギー局の元局長で原発推進派の張国宝氏は、9月に行われた科学者の会合で、福島第1原発事故で「中国が世界の核大国を追い抜く機会がやってきた」と述べている。同国はアルゼンチンやトルコでも原発プロジェクトに入札する計画だ。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE9BH03720131218

***************************



| Till*eulenspiegel | 脱原発ドイツ−Ausstieg von Atomkraftwerk | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2015 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop