Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
不思議な国シリア
篠山紀信氏の『シルクロード』靴蓮

1枚目が夜明けの淡い紫紅色に染まる、砂漠に点在するパルミラ遺跡、
2枚目が朝日が舞台のライトのように当たって赤茶色に輝く砂漠と遺跡。
3枚目は、同じくひたすら砂漠のパルミラ北西部死者の谷へと続く。

ところが、突然4枚目で、白い木の花と、緑が芽を出した畑の写真となる。

以下、篠山氏の文章からとその抜粋。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シリアという国は不思議な国で、前夜あれほど不穏にざわめいていた街が、
目ざめると一変して無人の街になっていたり、郊外に出るとそこは一面の
野菊の花が咲く楽園だったり、地中海のラタキアへ着くとそこは
うらさびれた哀感のある港町だったりする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

不毛の砂漠を旅していた写真家は突然目に飛び込んできた、オリーブの
木の下一面に黄色い花が咲き乱れている風景に見とれ、バスを降り、
草の中に寝転んだ。

ふと目を覚ますと、少し離れた花の中に、白い仔羊と一人の少女が
座っている。

とっさにバッグに手を突っ込んで、その手を止めて、彼は仔羊に語りかけ
始める。

「びらぼろぼろ」 「めへえめへえ」

少女も仔羊をあやし始めた。

「ジエラバア」 「ラビアベダ」

わからない言葉で、身振り手振りで話す時が流れる。
仔羊を追って立ち去ろうとする少女に、写真家はバッグから
羊羹を取り出し差し出すが、彼女は受け取らない。

写真家は銀紙をやぶき中身を見せて、食べるまねをするが、
それでも彼女は手を出さない。

彼が大きな口を開けて、パクっと食べると、彼女は歯型のついたその
羊羹をそのままガブリと食べた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

えもいわれぬ笑顔で「おいしい」という意味の言葉を、わからない
言葉でいった。そして少女はやはりわからない言葉で「ありがとう」と
いうと、仔羊を追って、黄色い花の中へ消えた。

ぼくはそのときはじめて、写真を撮ることをすっかり忘れていた
ことに気がついた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

行ったことのないシリアと繋がった喜びを分けてもらって。
写真家に、「写真を撮らないでくれて、ありがとう。」という気持ち。 Vielen Dank !





| Till*eulenspiegel | シルクロード-die Seidenstrasse | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
Seidenstrasse 絹の道
silkroad はドイツ語ではなんというのか、調べてみた。

Seidenstrasse ザイデン シュトラーセ
Seiden = 絹 = silk  Strasse = 道 = road

昔買った篠山紀信氏の集英社文庫の写真集『シルクロード』3冊が
手元にある。(1983年)

1冊目 は奈良・対馬、済州島・ソウル、西安・烏魯木斉を経て
     トルファンへ。

2冊目 は北京・成都、ヒンズークシュ・ペシャワール、カイバル峠を
     経てペルセポリスへ。

3冊目 はパルミラ・バグダット、ルクソール・アレキサンドリア、
     イスタンブールを経てヴァチカンへ。

シルクロード同様、この写真集も町から町へと構成されている。

3冊目はパルミラ遺跡から始まる。篠山氏は遺跡で睦み合う二匹の犬の
写真に寄せて、次のように書いている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

五千年の歴史をもつこのはるかな国シリア、その砂漠の真っただ中で
ぼくは、いま目ざめようとする巨大な遺跡の前にいる。寒さに震えて
いるが確実に砂漠の上に立っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

五千年。そうか。ここはチグリス・ユーフラテス文明が栄えたところ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

隊商の中継基地として栄えた2〜3世紀、
ゼノビア女王の時代、自分の息子にローマ元首のアウグストゥスを
名乗らせ、母子の肖像を刻んだ通貨を発行、ローマ帝国から独立を
宣言した。272年、怒ったローマ皇帝アゥレリアヌスはパルミラ討伐軍を
起こし、市を破壊、ゼノビアを処刑した。遺跡はその栄華の跡。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

遺跡は今どんなになっているだろう。




| Till*eulenspiegel | シルクロード-die Seidenstrasse | 02:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日も Pegida について。
ずっとドイツについて学んできて、フランスとの長い確執の
歴史も知り、EU という現在進行形の壮大な実験を同時代人として
アジアから見ているということになる。

気持ちとしては、見守るという感じだ。

Pegida は、ドイツ在住の知り合いからのメールで、
やはり、デモは「やばい」程で、でもそれ以上に「やばい」のは
警官隊の数だということだ。行政側のかなりの危機感を感じる。


昨年のベルリンの壁崩壊の記念日での、ゴルバチョフ氏の

「ヨーロッパという私たちの共通の家」

という発言がずっと心に残って、それ以降、ヨーロッパを
実態として一つと考える気持ちが強くなった。

だから、ギリシャが第二次世界大戦の賠償として22兆円を
ドイツに請求した、と聞くと、なんともやりきれない。
EUでのドイツのやり方にもきっと、まずいことがあったのだろう。

文化的な背景から言えば、ドイツはギリシャに憧れて、文化を
耕してきたのだ。それを思い起こしてほしい。


翻って、私の住む日本は「アジアという共通の家」にあるはずで、
文化的には中国・朝鮮に憧れて、発展させてきた。
その彼方にはシルクロードが続いていて、それはイスラム、そして
ローマに続いていた。

シルクロードの終着駅の日本から見えること、日本ができることが
あるはずで、中村哲氏をはじめ、多くのエイドワーカーの人々には
それが見えているのだ、きっと。やはり、国ではなく、人なのだ。
平和をつくるのは。

積極的軍事主義に他ならない、Proactive Contribution for Peace
「積極的平和主義」というスローガンは平和への冒涜だと思う。

| Till*eulenspiegel | 世界−die Welt | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
Pegida とも Legida とも Fragida とも。
かなり気になっている。

日本で人質事件が起きた頃、ドイツのライプツィヒで、Pegida と
呼ばれるデモが中止された、と読んだ時、一体これはなんだろう、と
思った。 読んだのは、ベルリンの日本語サイト、ベルリンネットだった。

一体、なぜ中止されたのか、とも思った。

フランクフルター・アルゲマイネなどで調べてみた。
Pegida とは、

Patriotischen Europäer gegen die Islamisierung des Abendlandes.

「西洋のイスラム化に対する愛国的なヨーロッパの人々」

という意味。

Legida とは、ドレスデンで始まった?このデモがライプツィヒ
Leipzig で派生した呼び名で、これがフランクフルトに派生すると
Fragida と呼ばれているようだ。

ライプツィヒで中止になったのは、警備する警官の数が少なすぎると
市側が判断したためらしい。

また、主催者側が予定したよりも、デモの参加者が少なかったり、
Fragida のデモ100人に対して、それに反対するデモ1000人
という事実も報道されている。

http://www.faz.net/aktuell/rhein-main/frankfurt/frankfurt-es-fliegen-wieder-eier-bei-pegida-13418546.html


反対デモがしっかりあることに安堵するけれど、このような
反イスラムのデモがあちこちで行われ始めていることは事実。

ドイツでは移民問題が重要課題になってきていることは聞いていた。
中でもイスラム諸国としては、イラク、シリア、アフガニスタンからの
移民が20万人に及ぶという。

でも、これって、すべて、対テロ戦争で攻撃された
あるいは、攻撃されている国々。

彼らが目指すのは、暮らしやすい国だ。遠くて嫌いな
アメリカには行く人々は少ないだろう。

移民の人たちも、故郷が平和になればきっと帰るはず。
彼らの故郷を平和にすることを考えなければいけないのに、
逆にますます闘いで破壊されていく現実。

こんなことをしていては、ますますヨーロッパは不安定化する。
アメリカはこのことをよく考えるべきだし、
よく考えた上でのことだとしたら、非道な国だ。


| Till*eulenspiegel | 世界−die Welt | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
見えてきた。
7日夜から、Videonews.com でいくつかの動画が
配信され、元外交官孫崎享氏の話、CIA研究家春名幹男氏の
話で学び、ようやく見えてきた。

見えてきた現実は酷いものだが、少しは気持ちの
区切りもついた。

海外では、パスポートを持っていても、全く命を守られる
保障のない私の国。

そういえば、一昨年、知人のビザの件で困って、
在ドイツ日本大使館にメールを送って問い合わせたことがある。

「そういうことは、○○○ー弁護士事務所にお尋ねください。
大使館に尋ねに来てもらっても、対応できません。」

との返事が来た。

なるほど、相談にすら乗ってもらえないのだな、と
思ったのだった。

それで引き下がることに慣れてしまっている自分。。。


7日付けTBS報道特集をネットで見て、応援メッセージを送り、
翼賛体制構築に抗するという声明への署名をした。

一市民としての署名ができる。

http://ref-info.com/hanyokusansyomeiform/


| Till*eulenspiegel | 世界−die Welt | 01:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
共苦 同苦  ドイツ語では Mitleid だろうか
何度も Yahoo!JAPAN を検索して、あるいは「人質開放」という
文字を読めるのでは、、、そんな何日間かが過ぎ、日本時間では
日曜の朝、酷い事実をつきつけられることとなった。

なにがしか探し求めて、そして、見出したのは、
『私が選んだ一首』というブログ掲載の次の短歌と言葉だった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

春雪のなかの羽毛を拾ひくるこの子を生みしさびしさ無限

        米川千嘉子 『一葉の井戸』 (2001)


雪の中に埋もれていた鳥の羽をわが子が拾ってきた。

春雪と羽毛、いずれも白くはかなく美しい。
そして、自分が産んだこの子どもも、いつ消えてなくなるかもしれない。

子どもを得た喜びと畏怖、深いさびしさを表現している。

年が明けて雪が降ると、決まって思い出す一首である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


チェーホフを研究している別の友人が、キーワードとして「共苦」を
挙げていたのを想い出した。文字どおり、共に苦しむ、ということ。

この短歌で、探していたものが見えてきた。
単純なことだ。子を思う親の苦しみを分かち合える、そう思っただけ。

「平和のために行ったのです。」そう語っていた後藤さんだった。
そうだよ。「平和のために行ったのだ。」

勇気のないわたしの代わりに。たぶん。
そして、平和を考えない人たちがあまりに多すぎるから。たぶん。

ドイツ語では、Mitleid。  ミットライト。
Mit が「共に」、Leid が「苦しみ」。





| Till*eulenspiegel | 世界−die Welt | 03:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
私とイスラム
『イブラヒムおじさんとコーランの花たち』

何年か前、DVDで観たこの映画を想い出した。

ユダヤ人の少年と、ムスリムのイブラヒムおじさんとが、フランスという
キリスト教社会で生きてゆく話。いつまでも、今でも余韻の残る映画。


『わたしの名は紅』

何年か前、買って読んで、途中になっているこの小説のことを
想い出した。作者はオルハン・パムク。

イスラムの細密画の絵師たちの話。



『愛より強く』『そして、私たちは愛に帰る』
『ソウル・キッチン』

トルコ系ドイツ人監督 ファティ・アキンの映画のことを
想い出した。

『愛より強く』は昨年夏、小さな映画会で
再度観て、洗われるような、すがすがしさを改めて感じた。


原題は、それぞれ

『愛より強く』は

Gegen die Wand 「壁に向かって」「壁にぶつかって」


『そして、私たちは愛に帰る』は

Auf der anderen Seite 「向こう岸で」「彼岸で」


| Till*eulenspiegel | 映画 - Filme | 01:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
怒ったら終わり−後藤健二氏のツイッターより
本当にそのとおりだ。

でも、でも、時にどうしようもなく、怒ってしまうことがあり。
そして、やはり、怒るべきではなかった、と思ってしまう。

でも、今は、怒らなくてはいけない。そんな時でしょう。

一人ひとりが怒って、どうしたらいいのか、
どう考えたらいいのか、どう行動したらいいのか、
そんな時でしょう。

いつか大江健三郎さんがおっしゃっていた、

「絶望しすぎず、希望を持ちすぎず」

静かに、当事者意識を持って、生きる。
そんな時でしょう。


| Till*eulenspiegel | 世界−die Welt | 07:42 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
<< February 2015 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop