Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
Ein Notizbuch 1 から Nr.2
2014年12月6日の投稿

*********************************************************

ドイツのドラマ Dr. Klein



ある時、ふと、ZDFのサイトでクリックしたドラマが、『Dr. Klein』 ドクター・クライン だった。
一度目はドイツ語字幕付きで見れるとはわからず、なしで見た。やはり、かなりドイツ語が早くて、探したら、字幕がついていた。

試しに見るかたは、UT をクリックして欲しい。UT=Untertitel
オフィシャルサイトは末尾の URL へ。(2月現在も有効。2019年1月5日より第5シリーズが始まった。)


初めて見たのは第5話で、主人公の小児科医 ヴァレリー・クラインが診察した少年の叔父、かつてのボーイフレンドと再会し、家族との時間を割いて、かつてボーイフレンドと楽しんだダンスをしにいく。ボーイフレンドは、ヴァレリーが既婚者で子供も2人いると知ってはいるのだが、心のどこかに自分が存在する場所があるなら、とアプローチしてくる。
ある日、ヴァレリーの赤い小さな(klein)車に赤い薔薇の花びらが車が見えないほどプレゼントされていて。。。。つづく。

このドラマの魅力は、何と言っても、主人公ヴァリーを演じている Christine Urspruch クリスティーネ・ウアシュプルフの人間的魅力、女性的魅力、そして声だな、と思う。

オフィシャルサイトで初めて正確に知ったのだが、正確な身長は132cm。小人症の女性だ。第5話に登場する昔のボーイフレンドはさらに小さい。2人は、ドイツ語で Zwerg 、英語では dwarf 。
ちなみに『白雪姫と7人のこびと』は、ドイツ語では、" Schneewittchen und 7 Zwerge " という。

ヴァレリーは、ローゼンシュタイン病院の医長 Oberärztin で、それをよく思わない ドクター・ラング ( lang=長い)から、事あるごとに、"Zwerg " と言われる。しかし、実力もあり、誇り高い彼女は、全く動じることなく、医長として生き生きと働いている。その姿が頼もしく、美しい。

10月から始まって、現在進行中のドラマだから、現在第8話になる。
例へば、第3話。これはかなりハードなストーリーだった。

ある日、妊娠7ヶ月の女性が初めて、ローゼンシュタイン病院を受診。素敵な分娩室を紹介され、出産を心待ちに。だが、告げられたのは、胎児が小人症として生まれてくるという事実。ショックのあまり、妊婦は、たまたま出くわしたヴァレリーを見ただけで、気絶してしまう。そして、絶対に産まないと7ヶ月での堕胎を希望する。

胎児と自分とを切り離して考えられないヴァレリーは妊婦を説得するが失敗。ドクター・ラングは妊婦の希望をかなえるべきと積極的に行動する。苦しむヴァレリーが帰宅すると、娘のパムが、家族が計画したギムナジウムの生徒を招待してのパーティを絶対いやだと拒否。その理由は、小さなお母さんを見られたくない、というのだった。

初めて、ヴァレリーが泣くのを見た。 この苦しみをどうやって乗り越えるのかな。人事ではない苦しみだ。

一人でブランコに乗って泣いていたヴァレリーのところに息子のマックス(7才くらい?)がやってきて言う。
「ぼくは大きくならないよ。そうしたら、ママ、寂しくないでしょ。」
これで乗り越えられないわけがない。

7ヶ月の妊婦の手術の日を迎え、着々と準備が進む手術室。
「執刀はあなたなの?」という彼女の質問に、「ええ。」ときっぱりと答えるドクター・クライン。注射を打とうとした時「やめて」と妊婦が叫んで、胎児の命が救われる。

このラストシーンのちょっと前に、ヴァレリーが、今は認知症で苦しむかつて医師であった父に、自分が生まれるときのことを初めて聞くシーンがあって。そこで、父が、ヴァレリーに、

「客観的にならなければならない」と、諭す。
「おまえが生まれたとき、家族は本当に大変だった」と話す。

父は認知症。夫は売れない本を書く哲学者。パムは思春期。病院長はホモセクシュアル。看護師長の子は父との子?という疑惑。病院の同僚の他の医者にも様々な事情がある模様。

赤い小さな車に乗って颯爽とした姿。意地悪するドクター・ラングに仕返しを忘れない自己主張力。そしておしゃれ。
登場人物がそれぞれに輝いていて、見ていると、見ないではいられない魅力のあるドラマだ。


Dr. Klein
https://www.zdf.de/serien/dr-klein

| Till*eulenspiegel | ドイツの文化 - die deutsche Kultur | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aqf25001.blog.bai.ne.jp/trackback/227151
トラックバック
Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop