Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
バイエルン州州議会選挙の結果
バイエルン州州都ミュンヘンで右傾化に反対するデモがあった後の、
10月14日の州議会選挙の結果が興味深い。

http://www.faz.net/aktuell/politik/inland/landtagswahl-bayern-warum-gruene-in-staedten-erfolgreich-sind-15841635.html

フランクフルターアルゲマイネによると、CSU(キリスト教民主同盟)の
牙城だったバイエルンで、CSU が前回の選挙から10,5%も減らすことに
なった。第二政党だったSPDも減らしており、第二政党になったのは
緑の党である。

上記の記事から、得票%を書き出してみる。


−10,5% CSU (キリスト教民主同盟) 47,7% → 37,2%

+ 8,9% Gruene (緑の党) 8,6% → 17,5%

+ 2,6% FW (自由な有権者バイエルン) 9,0% → 11,6%

+10,2% AfD (ドイツのための選択肢) 0 % → 10,2%

−10,9% SPD (社会民主党) 20,6% →  9,7%

+ 1,8% FDP (自由民主党) 3,3% → 5,1%

+ 1,1% Linke (左派党) 2,1% → 3,2%


0%だった「ドイツのための選択肢」が第4政党になった。上記の記事では
むしろ第2政党になった「緑の党」に注目して、バイエルン南西部の
小さな町Giesing の町がどのように変わり、人々の気持ちがどう
変化したのかを書いている。

この選挙結果を受けて、バイエルンのCSUからは、CSU党首で内務大臣の
ゼーホーファー氏の党首交替への要求が高まっている、という。
ゲオルク・マーセンを何があっても支持し続け、限りなく右へと
舵を切ったゼーホーファー氏を地元バイエルンの人々は許さなかった、
と言えるだろうが、AfDが第4政党になったということは、限りなく右へ
と向かう人々もそれ相応に増えたということである。

| Till*eulenspiegel | ドイツ-Deutschland | 13:07 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aqf25001.blog.bai.ne.jp/trackback/226381
トラックバック
Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop