Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
ケムニッツで−2の2
平和の祭典の後援者だけでは十分ではない

州政府の機能不全があまりに進んでしまっている。過去数十年、
ザクセン州政府は極右主義を過小評価してきだ。広範囲に及ぶ組織に
成長することを許してきた。それどころか、これらの組織に立ちはだかる
者たちを犯罪者とさえ見なしたのである。今日なお、ザクセンのCDU
(ドイツキリスト教民主同盟)を、古いメカニズムが支配している。
差別主義と極右主義をテーマとして扱う者は、ザクセンバッシングを
受けることになるというメカニズムだ。メディアはというと、なるほど
美しいザクセン州について、表向きいつもわずかばかりネガティブに
報告するにすぎない。このような態度が、司法にも、治安当局にも、
そして自治体にも潜り込んでしまっている。

醜い真実との誠実な対決は、政治的最高レベルでは、今日まで一度も
なされたことが無かった。CDUの州首相ミヒャエル・クレッチマーが
極右主義に対抗する平和の祭典の後援を引き受けるだけでは不十分だ。
フライタールのテログループのメンバーに厳しい禁固刑を下すだけでは
不十分なのだ。その結成に手を貸しさえしてきた極右主義の様々な組織が
依然として存在している限り。ケムニッツの若者たちの様々なシーンを
目の当たりにしていると、次のテログループがエルツ山脈で、
ザクセンスイスで、もう成長しつつあるのではないのか、という疑いが
起こってくる。

ザクセン州政府は、極右主義が脅威となっていることをもうそろそろ
認めなくてはならない。異なる皮膚の色を持つ人々への脅威であり、
社会の団結に対する脅威であることを。それは、あらゆる力を尽くして
戦わなければならない脅威だということを。しかし、州首相クレッチマーは、
暴行の後、極右主義者たちの不当な世論操縦だと断罪するに至るまでに
長く沈黙した。このことは、ザクセンにとっての恥辱というべきである。
| Till*eulenspiegel | ドイツの人種差別主義 - Rassismus | 18:25 | - | - |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop