Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
レイチェル・イジュンリム賞 The Rachel Lee Jung-Lim Award  
2月9日、大阪で開かれた関西建設アスベスト訴訟大集会に参加した折、
講演者の古谷杉郎氏が、自ら事務局長を務める、石綿対策全国連絡会議に
レイチェル・イジュンリム賞が授与された、大変名誉なことだ、と
述べた。

受賞理由をメモしたいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

過去30年間、石綿対策全国連絡会議(BANJAN)は、私たちに何万もの
アスベスト被害者のことを気づかせてくれました。

BANJANは、2005年にクボタによるアスベスト関連疾患を明らかにしました
(クボタショックとして知られています)。これは、アスベスト問題と
それがいかに働く者の労働衛生だけでなく、住民の環境衛生にも影響を
与えるか、日本社会の注意を呼び覚ましました。

活動家と被害者を両輪にして走り続けた30年間は長く困難な道のり
でしたが、BANJANがはじめたこの枠組みは、隣の韓国からはるか
インドネシア、インド、パキスタンや他のアジアと世界に、野火のように
ひろがっています。

BANJANは、労働者と住民の連携、労働組合と市民団体の連携が専門家や
被害者と手を携えて取り組むことが、社会がアスベストの脅威からの
安全を実現するために必要であることを示してきました。私たちは、
連帯と感謝の気持を込めて、BANJANの30周年をお祝いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ネットで Rachel Lee Jung-Lim Award を調べてみた。
アスベスト問題について多くを書かれている、
Laurie Kazan-Allen 氏のブログの中にこの賞について書かれた文章を
見つけた。

http://www.ibasecretariat.org/lka-rachel-lee-jung-lim-award.php
参照


| Till*eulenspiegel | アスベスト−Asbest | 02:11 | - | - |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop