Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
西宮こしき岩アスベスト裁判 第4回口頭弁論に参加して
昨日、午後3時30分から開かれた第4回口頭弁論に参加した。
傍聴人が非常に多く、原告が傍聴席に座っていると、傍聴人が
座れないので、原告が当事者の空間に横一列に座って、
一人の原告の意見陳述を見守ることになった。
それでも一部の傍聴人は入室できなかったようである。

私たち原告は今か今かと始まるのを待ち構えた。

ところが、西宮市の出席が遅れ、裁判も遅れることに。
そして、裁判長含め、3人の裁判官は退席。

10分くらい待ってもだめで、事務の人たちは4時にならないと
間に合わないなどと話していたが、やがて、3人の裁判官が現れて
被告西宮市が出席しないままの裁判となった。

裁判長と被告側の弁護人との事務上の会話にそれとなく親密さを感じたのは
私だけだったろうか。

原告の意見陳述が、私たちの声を代表して、204号法廷に響いた。

結局、口頭弁論が終わるまで、西宮市は現れなかった。

口頭弁論の後、記者クラブで、記者会見があった。
設計図書を分析した中皮腫・じん肺・アスベストセンターの
永倉氏が、非飛散性のレベル3は数百ヶ所、飛散性のレベル1&2の
アスベストも20ヶ所に及んでいたことを明らかにした。

ストップ・ザ・アスベスト西宮の代表が、
このような裁判の傍聴席に、市会議員の一人も座っていない、
西宮市とは一体どのような自治体なのか、と批判したことを
付け加えておく。

原告の意見陳述のすべてが陳述要旨として、いずれHPでupされると
思うので、是非読んで欲しい。



| Till*eulenspiegel | アスベスト−Asbest | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aqf25001.blog.bai.ne.jp/trackback/221896
トラックバック
Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop