Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
アスベスト問題-1 ドイツ連邦環境省HPから
ドイツでは、アスベスト問題はどのように考えられ、対処されているのか。
気になって、連邦環境省HPへ行ってみたら、参考になる資料があったので、
訳し、少しづつメモすることにした。

参照
http://www.umweltbundesamt.de/themen/gesundheit/umwelteinfluesse-auf-den-menschen/chemische-stoffe/asbest

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アスベスト

ドイツでは1993年に禁止されるまで類を見ないほど多く使われた素材

アスベストとは何か?

化学的に安定している。熱に強く燃えない。弾力性に富み、引っ張り強く、他の素材との結合も良い。1930年来、高層建築の壁、乗り物のパッキングやクラッチ、高温の負荷がかかる、あるいは化学的負荷がかかるガスケットやモールディング・コンパウンドなど、多数の製造物に使われてきた。

なぜアスベストは危険なのか?

アスベストはガンを引き起こす素材である。微細な繊維に分散するため、簡単に吸い込んでしまいやすい。吸い込まれた繊維は、肺に長期間に渡って留まり、組織を刺激し続ける。そのような組織の傷による肺の硬化、即ち石綿肺は1936年にすでに職業病として認識されていた。今日では、アスベスト繊維に高い頻度で晒される職場で、繊維が肺を刺激することによって肺ガン、あるいは繊維が胸膜や腹膜へと移動することによって肺胸膜と腹膜の腫瘍である中皮腫を引き起こすことが分かっている。
潜伏期間は長く、30年に及ぶこともある。1990年代になっても依然として、アスベストに起因する職業病と認定された傷害保険の申請数が、傷害保険申請数全体のかなりの部分を占めていることも、そのせいであると説明がつく。過去数十年、毎年平均3,000件の新たな申請数があり、その中で、1,000件はアスベストに起因する職業病と認められてきた。このテーマについて更に情報が欲しい場合は、インターネットでドイツ法定傷害保険労災防止協会(die Institut für Arbeitsschutz der Deutschen Gesetzlichen Unfallversicherung)HPを参照。

いつどこに、アスベストは含まれていたのか?

1930年来、他の素材に比べ、最も多量に使われてきた素材。1950〜1985年までで4,400,000(4百40万トン)に及び、3,000以上の製品に加工されてきた建材。特に、1960年〜1970年まで東西ドイツにおいてアスベストを含む建材で多数の建造物が建てられた。主としてアスベストセメントが多用された。1993年来、アスベスト及びアスベスト含有製品の製造、流通、使用は禁止となっている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本で全面的に使用禁止となったのは、2006年からである。






| Till*eulenspiegel | アスベスト−Asbest | 03:34 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aqf25001.blog.bai.ne.jp/trackback/220610
トラックバック
Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop