Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
安保法制違憲・差止訴訟と『赤ペンチェック 自民党憲法改正草案』 伊藤真著
2016年9月29日 東京地方裁判所において、安保法制違憲・差止訴訟裁判の
第一回口頭弁論が行われ、その後、参議院議員会館において、報告集会が
開催された。自分が参加できたわけではないが、IWJの報道において、
全編見ることができた。

報告集会では、冒頭、寺井一弘弁護士の説得力ある挨拶があった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

傍聴席は満席で、傍聴券を得られない人々がたくさんいた。
ヒットラーは、「人々は理解力は少ないが、忘却力は大きい」と
語って、大衆を操作していった。忘却との戦いが私たちにとって大事だ。
テレビでは、全国的に、東京の豊洲問題が報じられているが、
何らかの圧力があるのではないか。
自民党本部は、昨日、全国47都道府県に対し、あの悪名高い自民党改憲草案を
たたき台に憲法を議論する場を設けるように、という通達を出した。
これによって、国民運動を造成してゆく、という指示を出した。
あの改憲草案は、思想において、本質において、内容において、
現在の平和憲法とは、全く質が異なるものである。自民党内部にも
異論のあるものである。しかし、マスコミ関係者によれば、安倍さんに
異論を唱える者は全くいないという。
今日、原告3名の方々の話を伺い、弁護士仲間でも難しいといわれた
この訴訟を起こして本当によかった、と思う。
今後、全国でこの訴訟の準備が進んでゆく。全国の市民、弁護士の方々と
共に闘ってゆきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお、今回、意見陳述された原告の3名の方々とは、次の方々である。

志葉玲氏(戦場ジャーナリスト)
金田マリ子氏(東京大空襲被害者孤児)
富山正樹氏(自衛官を息子に持つ父)

同じく弁護士の伊藤真氏から、自民党改憲案を学ぶために
『赤ペンチェック 自民党憲法改正草案』大月書店 の紹介があった。
私もすでにPDFで、現行憲法対照付きの改正草案をプリントしていたが、
明日にでも、書店で『赤ペンチェック』を見てみたいと思っている。
税込み1,080円ということだ。

法律の専門家でもなんでもない私たちに、
解りやすく、自民党の改憲草案の悪質さを学ぶことができる指南書が
どうしても必要だ。

なお、現行憲法対照で改憲草案を英語に翻訳しているのは以下のサイトだ。

http://www.voyce-jpn.com/ldp-draft-constitution

| Till*eulenspiegel | 憲法 - Verfassung | 02:26 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aqf25001.blog.bai.ne.jp/trackback/220232
トラックバック
Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop