Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
国会-衆議院予算委員会 2月15日 「内心の自由」
山尾議員:私は、憲法21条、表現の自由、これに対する総理の認識を問うている。総理が憲法21条分かっているかどうか、国民の皆さんの前で説明していただきたいと思っている。
---前回大串議員に、表現の自由の優越的地位とは何かと尋ねられた。総理は、表現の自由は最も大切な権利であり、民主主義を担保するものであり、自由の証しという、咬み合わない謎の答弁をされた。法律の話をしていて、自由の証しという言葉を私は聞いたことがない。もう一度尋ねます。優越的地位とは、どういう意味ですか?

山尾議員:総理は知らなかったからごまかしたのか、知っていて勘違いしたのか、知りたい。表現の自由の優越的地位ってなんですか?

安倍首相:経済的自由、精神的自由よりも優越をするという意味において表現の自由が重視されている、ということでございます。

山尾議員:なぜ精神的自由は経済的自由に優越するのですか?優越的地位ということは何をもたらすのか?

安倍首相:表現の自由が優越的であるということについてはですね、これはまさにですね、経済的自由よりも表現の自由が優越されるということであり、表現の自由が優越しているということでございますが、いずれにせよ、それを今この予算委員会で、私にクイズのように聞くこと自体が、意味が無いじゃないですか。-----

山尾議員:もう一度おうかがいします。精神的自由が経済的自由より優越される理由、優越されるから優越されるでは、理由になっていない。これが分からなければ、大変心配です。もう一度お答えください。

安倍首相:「内心の自由」、思想、考え方の自由を我々は持っているのでございます。

山尾議員:なぜ「内心の自由」や、それを発露する表現の自由が経済的自由よりも優越的地位にあるのか、それは憲法の最初に習う、キホンのキ。経済的自由は、大変重要な権利ですけれども、国がおかしいことをすれば、選挙を通じてこれを直すことができる。でも、精神的自由、特に「内心の自由」はそもそも選挙の前提となる、国民の知る権利が阻害されるから、選挙で直すことができないから、優越的な地位にある。これが憲法で最初に習うことです。それも知らずに、言論の自由を最も大切にする安倍政権だと胸を張るのは、やめていただきたい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「内心の自由」という、憲法を学んでいない私は、恥ずかしいが初めて聞いた言葉だった。初めてだったが、この言葉と意味の重要性を非常によく理解し、学ぶことができた。追求のレベルの高さにグーの音も出ない議場安倍政権だった。

| Till*eulenspiegel | 日本-Japan | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aqf25001.blog.bai.ne.jp/trackback/217918
トラックバック
Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop