Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
9月18日 フランクフルター・アルゲマイネ(安保法制)
19日未明、可決された安保法制に関するフランクフルター・アルゲマイネ
の記事は、やはり、無記名記事。

http://www.faz.net/aktuell/politik/ausland/asien/abkehr-vom-pazifismus-japan-darf-soldaten-ins-ausland-schicken-13811616.html

画像は・・・・

背景に夜の国会議事堂。手前に安倍ヒトラーのお面の人形。右手を
ハイル・ヒトラーという風にかかげ、左手に何か黄色いスティックの
ような物を持ち、胸に、おそらく

「これより わが軍は 参戦します」

と読める、カードをぶらさげている。
その手前に大きく、

「賛成議員は、落選させよう」

遠くに、赤羽聖書教会の

「殺してはならない」

その他、「属国」と書いたカードも見える。

記事は、市民の大多数の反対を押し切り、金曜から土曜にかけて、
アジェンダを政府が断行したこと、これにより、
集団的自衛権を行使できること、
たとえ自国が直接攻撃を受けていなくても同盟国の戦争で戦えること、
安倍晋三が彼の最重要と掲げる目標の1つを実現したことを伝えている。

毎晩続いた市民のデモについても伝え、ここで特筆すべきは、
野党民主党の福山哲郎氏の名前を挙げ、そのスピーチを、
leidenschaftlich「情熱的な」という形容詞で伝えたことだ。

「あなたたちは、市民を騙そうとし、そして、市民はそれに気づいたのだ。
だから、人々はそれに反対なのだ。」

「確かに、私達はこの闘いに負けた。しかし、同時に勝ったのだ。
政治と人々とがこれ程近づいたことは、かつてなかったことだからだ。」

その福山氏の言葉を、記事担当者は次のように言い換えている。

Nun habe der Kampf um die Demokratie im Lande erst richtig begonnen.

「今、ようやくこの国の民主主義のための闘いが、始まったと、
いうことだろう。」

| Till*eulenspiegel | 反戦-gegen den Krieg | 23:30 | - | - |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop