Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
ある投稿
投稿の機会があり、文章をまとめたので、ここにも
メモしておきたいと思う。ここでも書いた、キング牧師の言葉に
支えられての文章である。人の言葉は、多くの人々の言葉に
支えられているのだ、と実感する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)の記者、
カルステン・ゲルミス氏(2010年東京赴任)の記事は、2014年前半だけでも、
読者の意見の多い記事(50件以上)を挙げると、
犯罪の少ない社会と市民の不安(57)、東電の新原発建設(124)、
安倍の原発推進(60)、原発回帰(72)、閣僚の靖国参拝(51)、
少子化と人口減少(51)、後半〜2015年3月まではなぜか一件のみで
政府によるアメリカの教科書への介入(歴史修正主義問題、69)だった。

今年に入ってからは、読者の意見はどれも多くはなかったが、
改憲、従軍慰安婦、IS人質事件、メルケル氏訪日、反原発運動が
テーマだった。いずれも記者名入で、長文で、日本を熟知し、
批判精神と示唆に富んだ記事が魅力だったが、様々な情報によれば、
日本外務省関係者からフランクフルトの本社に直接クレームがあり、
ゲルミス氏は3月末にドイツに戻った。
その後のFAZの記事は、記者名もない短い事象報告書が増えた。

権力を用いて、ドイツの人々からさえも、事実を深掘りする真実の言葉を奪う。
安倍政権の代表的手法が現れていると感じる。これは、最悪の人権侵害、
最悪の不正であり、これが今、日本の私達を覆い尽くそうとしている。

キング牧師は語っている。

「平和は単なる戦争の不在ではない。公正さの存在が平和なのだ。」

今、私達は、至るところで公正さを奪われている、
と感じているのではないか。
戦争に反対し、平和を求める声を、挙げ続けなければ、挙げられない時が
来るのでは、と不安なのではないか。
だからデモに参加するのだ。彼らはその時を狙っている。だから、
声を挙げ続けなければならない。彼らに聞こえるように。
安保法案だけでなく、安倍政権の不正を告発するために。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投稿する機会が与えられたことに感謝している。
自分が一体、何に怒り、何を訴えたいのか。

一昨日、大阪の靭公園から御堂筋パレードに参加した。
新しいコールがあった。

「自衛隊員の生命を守れ」「自衛隊員に人殺しさせるな」
「僕達の暮らしと権利を守れ」

私がひときわ心をこめるのは、
「誰の子どもも殺させない」

そして、周囲の人々も私も思い切り声を出していたのは、
「憲法」+「守れ」、「安倍は」+「やめろ」。そして、

「民主主義ってなんだ」+「これだ」だった。


| Till*eulenspiegel | 反戦-gegen den Krieg | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aqf25001.blog.bai.ne.jp/trackback/216278
トラックバック
Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop