Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
Memorial Day ベトナム・抵抗する力 7
Ron Dellums 氏の講演より。

2つ目の違いは、このことです。つまり、マーチン・ルーサー・キングは
私たちに対して、私たちにはそれができないとは、決して語らなかった、
ということです。彼は、家を出て、世界を変えるようにと言いました。
思い起こしてください。彼は言いました。

「私は最後の時に、あなたたちと一緒にいることはないかもしれない。
しかし、私はもうすでに山の頂上に着いたのだ。だから、私は
あなたたちに、このように語ることができる。
私たちは成し遂げるだろう。」

そうです。私たちは世界を変えられるだろう、と感じました。
私たちは世界を変えるために家を出ました。しかし、
今の世代は一日24時間中、システムが壊れてしまった、
あなたたちはもうそれは直せない、
システムは買われ、支払われてしまった、あなたたちは
もうそれを取り戻せない、と聞かされ続けている。

人々が冷笑主義や党派的な政治にしか由来しないような
浅い政治的分析や、この人だったら、あの人だったら、
世界を変えられるというよな、個性の形成の仕方的な食べ物を
常に食べさせられている時に、
どのように動いたら、世界が変えられるでしょうか。
このような食べ物が、対峙されなければならない政策上の諸問題の
実質性を扱うことなく、それを偏狭で皮相な分析に矮小化している中で。



| Till*eulenspiegel | 平和運動− USA | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aqf25001.blog.bai.ne.jp/trackback/215457
トラックバック
Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop