Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
Pegida とも Legida とも Fragida とも。
かなり気になっている。

日本で人質事件が起きた頃、ドイツのライプツィヒで、Pegida と
呼ばれるデモが中止された、と読んだ時、一体これはなんだろう、と
思った。 読んだのは、ベルリンの日本語サイト、ベルリンネットだった。

一体、なぜ中止されたのか、とも思った。

フランクフルター・アルゲマイネなどで調べてみた。
Pegida とは、

Patriotischen Europäer gegen die Islamisierung des Abendlandes.

「西洋のイスラム化に対する愛国的なヨーロッパの人々」

という意味。

Legida とは、ドレスデンで始まった?このデモがライプツィヒ
Leipzig で派生した呼び名で、これがフランクフルトに派生すると
Fragida と呼ばれているようだ。

ライプツィヒで中止になったのは、警備する警官の数が少なすぎると
市側が判断したためらしい。

また、主催者側が予定したよりも、デモの参加者が少なかったり、
Fragida のデモ100人に対して、それに反対するデモ1000人
という事実も報道されている。

http://www.faz.net/aktuell/rhein-main/frankfurt/frankfurt-es-fliegen-wieder-eier-bei-pegida-13418546.html


反対デモがしっかりあることに安堵するけれど、このような
反イスラムのデモがあちこちで行われ始めていることは事実。

ドイツでは移民問題が重要課題になってきていることは聞いていた。
中でもイスラム諸国としては、イラク、シリア、アフガニスタンからの
移民が20万人に及ぶという。

でも、これって、すべて、対テロ戦争で攻撃された
あるいは、攻撃されている国々。

彼らが目指すのは、暮らしやすい国だ。遠くて嫌いな
アメリカには行く人々は少ないだろう。

移民の人たちも、故郷が平和になればきっと帰るはず。
彼らの故郷を平和にすることを考えなければいけないのに、
逆にますます闘いで破壊されていく現実。

こんなことをしていては、ますますヨーロッパは不安定化する。
アメリカはこのことをよく考えるべきだし、
よく考えた上でのことだとしたら、非道な国だ。


| Till*eulenspiegel | ドイツ- Pegida | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aqf25001.blog.bai.ne.jp/trackback/213645
トラックバック
Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop