Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
アスベスト問題-2 ドイツ連邦環境省HPから
11月20日、私たち「ストップ・ザ・アスベスト西宮」をサポートして
くださっている弁護士の方々が所属している環境法律家連盟主催で
勉強会が開かれた。冒頭、講演された、大阪アスベスト弁護団の
弁護士小林邦子氏は、

「共に闘っていた被害者の方々の訃報が
日々入ってくる。ついこの間、一緒に話していた方々が、亡くなってゆく。
これが、アスベストが、静かな時限爆弾だと言われる所以だ。」

と語っていた。まだまだ知られていないアスベストの恐ろしさを、
多くの人々に知ってほしい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どんな製品と建材がアスベストを含有している可能性があるのか
何が特に問題なのか?

禁止される以前、アスベストは長期使用される建造物やその他にも多用されたので、今日でも広い意味での環境、居住環境、住まいの中、さらに家庭用品そのものの中に存在している。そのため、その使われ方に正確に目を向ける必要がある。基本的に、アスベストは、アスベスト繊維の飛散性製品と非飛散性製品とに分けることができる。

飛散性アスベスト

飛散性アスベスト製品とは、最大60%以上の含有率のあるもの。すなわち、1m³あたり1,000kg以下の密度を持つもの。特に問題なのは、吹付けアスベストである。吹付けアスベストの場合、繊維が震動、老化によって簡単に空中に分散されてしまう。濡らした作業では20〜40%を含有するが、乾燥した作業では90%含有する。この吹付けアスベストは、工場建設やその他の大型建築において使用されてきた。特に、基礎的鉄骨構造物を熱や火災から守るために使われた。この吹付けアスベストこそが、改築・再開発で費用が嵩む要因となっている。

しっくい塗り(モルタル塗り)や軽量建築用材(屋根や壁やラジエーター)、電気配線(蓄熱式電気ストーブ、暖房用ボイラー、トースターやヘアードライヤー、アイロンのような家電の内張り)において使われているアスベストも飛散性の可能性がある。蓄熱式電気ストーブの場合、アスベストは絶縁材と火災防止のために使われてきた。特に、1960年代から、ビニールフロア材(クッション・ビニール材)が90%飛散性アスベストから出来ているアスベスト含有板紙を使うようになる。そうなると、当然、様々に異なるフロア材の相違を見分けることが、専門家にとってさえも簡単ではなくなる。クッション・ビニール材は、ひと目見ただけでは、アスベストを含有していないジュート織りフェルト裏面を持った塩ビ系フロア材と見間違えてしまう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


このビニールフロア材。アスベストが全面禁止された2006年以前の前に
建てられた建築物のほとんどすべてに多用されていることを考えると、
その解体時に、アスベストの暴露から身を守ることが難しい
ことがよく解る。

にもかかわらず、なのか、だからこそ、なのか、私たちが訴訟を起こした、
夙川短大解体では、市役所の職員が検査に入った時点で、すでに、
すべてのフロア材が撤去されていた。



| Till*eulenspiegel | アスベスト−Asbest | 03:03 | - | - |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< November 2016 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop