Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』 加藤陽子著
9月26日、国会が始まって、安倍首相の所信表明演説の際に、首相が
海上保安庁、警察、自衛隊を称えるために、約10秒間にわたって、演説を
中断し、拍手をする一幕があった、と聞いて抱いた思いを
メモしようと思う。

もともとこういう素質を持っていた国だ。もともとこういう人々を
孕んでいた国だ。だから、太平洋戦争は起こった。だから、敗戦ではなく、
終戦で、そして、今に至った。

敗戦を覆い隠し、南京虐殺を覆い隠し、
従軍慰安婦の女性たちを覆い隠し、731部隊を覆い隠すために、
国(国体)にとって不都合な真実を覆い隠すために、
歴史教育は軽んじられてきた。

私たちは学ばなければ。歴史を学ばなければ。
過去を学ばなければ、間違いなく、過ちを繰り返してしまうだろう。

学ぼう。歴史を学ぼう。そして、自分たちが変わっていこう。
過ちを繰り返さないように。


| Till*eulenspiegel | 日本-Japan | 02:37 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop