Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
私は寛容の大ファン 3
- とはいえ、新しいことを目の前にすると不安を抱えてしまう人間も
 います。彼らが、月曜ごとに路上を行く人々なわけではありません。
 そのような人々に対しどのように接するべきでしょうか?

「彼らがこのような不安に駆られることを当然と認めざるを得ません。不愉快さを表明することも許されてしかるべきでしょう。しかし、どのようになされるか、それが問題です。人々が抱くあらゆる心配や不安に対してすら、人々は感情移入をも示すべきだろうと、私は考えます。

苦境に陥ったり、戦争が起こった時には、誰もが家族と共に逃れるでしょう。もちろん、ドレスデンやエアフルトで、ペギダや AFD ( ドイツのための選択肢 )のために路上を行く人々が皆ナチスだというわけではありません。しかし、そのような人々はナチスの尻馬に乗っているのです。そしてそのことを彼らにはっきりと分からせることが必要です。

私は寛容の大ファンです。しかし、人種差別的な人はもちろん、不寛容な人ですら決して大目に見たりはしない。人を踏みつけにすることはどんな時もみっともないことです。この点では、いつだって私は反対するし、いつだって大声を上げます。」

- 貴方はいつも他者のために全身全霊を持って取り組まれています。スケジュー ルも満杯です。自分自身のためにはどうしていらっしゃいますか?

「音楽を演奏しています。家でも演奏しています。歌い、ピアノを弾いています。それに読書も大好きなんです。貴方がしていることと同じことです。」

- 近距離交通を利用されますか?

「いいえ、滅多に乗りません。市内は多くの場合自転車です。でも、ライプツィヒ市内にソーシャルチケット(ライプツィヒ-パス-モバイルカード)があるのは本当に良いことだと思います。あって当然というものではないと思います。」

- 最後の質問です。ライプツィヒ市内で、貴方のお気に入りの場所はどこですか?

「大好きでよく自転車を走らせるのは、アウバルトです。コスプーデーナー湖にも行きます。自転車で行けるんですよ。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*アウバルト -- かつては針葉樹林帯だったが、幾度も洪水にあった後、人々の手によって、広葉樹林帯となっている、ライプツィヒの一画。以下のウィキペディアのサイトの画像で様子が見れる。日本由来の鹿が生息している、と書かれている。それにバイソンも。

https://de.wikipedia.org/wiki/Leipziger_Auwald

 
*コスプーデーナー湖 -- ライプツィヒ南部の人工湖

https://de.wikipedia.org/wiki/Cospudener_See


Mein Fahrrad 「ぼくの自転車」をアカペラで演奏している動画を見つけたので参考までに。

https://www.youtube.com/watch?v=g2DsC3xHgYU





| Till*eulenspiegel | ドイツ-Deutschland | 23:39 | - | - |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< January 2016 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop