Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
一人一票を求める裁判の判決について
昨日、一人一票を求める裁判の最高裁判所大法廷判決が出ました。

2014年12月14日に行われ、全選挙区で違憲の訴えがなされた衆議院選挙は、

違憲状態にあるが、
違憲・選挙無効を棄却する。

以下の動画を見て欲しい。

https://www.youtube.com/watch?v=NIxhilb88oY&feature=share

この記者会見で、各弁護士の方々は、昨年11月の判決にあった
最高裁判事の少数意見にある「正統性」、また今回の判決の中の
補足意見にある同じく「正統性」という言葉から、
そもそも昨年12月にすでに違憲状態であった中で行われた選挙で
選ばれた国会議員には「正統性」はなく、現在の政権、国会が、
「正統性」のない国会議員によってなりたっていることを明言、
にもかかわらず、

憲法98条の条文

「この憲法は、国の最高法規であって、その条規に反する法律、命令、
詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を
有しない。」

すなわち、違憲立法審査権を行使できない最高裁判所が最大の問題で
あることを特に升永弁護士は指摘して、

「もはや日本には三権分立は、ない。」

と述べ、記者たちには次のように要望しています。

「2倍と書くのは意図的だ、0,5票と書いて欲しい。」


ちなみに私の選挙権の価値は、衆議院 0,51 票、参議院 0,43 票です。

自分の投票価値を自分自身の目で確認し、より多くの人々にこの事実を
知らせるなど、次の投票行動に活かすしかありません。
最高裁判所に信頼がおけない以上、私たちにできることは、もはや
それしかないのです。

一人一票実現国民会議HP
http://www.ippyo.org/index.html

| Till*eulenspiegel | 憲法 - Verfassung | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2015 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop