Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
9月22日 フランクフルター・アルゲマイネ(沖縄・辺野古)
東京特派員 Patrik Welter記者名入記事。

『アメリカ軍基地に対する蜂起』


という強いタイトルで、沖縄住民の新基地建設反対を詳しく伝え、
国連人権委員会での県知事の活動に触れる。

画像は手前に看板を持つ住民の姿。

辺野古新基地   NO BASE   Get out! Marines

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「沖縄は日本の安全保障の生贄にされた」

この県知事翁長氏の言葉は、この島のアメリカ軍基地との数十年にわたる
闘争の恨みを表すものだ。25,000人以上のアメリカ軍兵士が駐留。しかし、
基地の経済効果はこの島全体の経済の 5% にすぎない。日本全土の面積の
0.6% の面積の沖縄に、日本全国のアメリカ軍基地の 74% が集中。
「沖縄と沖縄の住民は差別されている。」(翁長氏)

この闘争は、普天間の空軍基地の移設をめぐる闘いで激化した。
普天間基地は、島の南部、宜野湾市のど真ん中、住宅地に密接する。
2003年当時の国防総省ラムズフェルド氏が、世界で最も危険な基地、と
述べたほど。その1年後、基地に隣接する大学にヘリが墜落。
幸い、夏休み中で犠牲者はなかった。
1996年、日本政府とアメリカとの間で、基地を沖縄内部で移転すること
に合意。それ以前に、3人のアメリカ兵が少女を強姦し、
反アメリカデモも起こっていた。
日本政府は、住民の反対にあって、新基地建設を敢行せずにきた。

2012年、安倍晋三が首相となるや、闘争は激化した。アメリカとの
安全保障関係強化のために、安倍は、普天間から辺野古への移転を敢行。
政府は、準備として埋め立てを始めたのだ。辺野古は、160如二本の
発着滑走路と、1つの港を備える、という。
沖縄は珊瑚と海亀への害を怖れる。

64歳、かつては保守主義者で安倍と同じ政党でもあった翁長氏は
新基地建設阻止を公約し、昨年12月県知事に選ばれた。住民の 70% が
建設に反対している。日々の反対運動があり、5月には、35,000人のデモが
あった。その直後、翁長氏は、ワシントンで冷遇もされた。
アジアへと方向転換するアメリカにとって、沖縄の戦略的意義は、
その位置にある。沖縄は、日本本土の南端から台湾に至る琉球諸島の
一部である。中国は、この島の鎖を、太平洋へのバリケード、と見なす。
沖縄は、朝鮮と中国という、潜在的な紛争の火元に近いのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私達にとっては、すべて既知の事柄だが、
原文の段落もそのままに、全文を端的に訳してみた。
この春から東京の特派員となった記者のリポート。
昨年11月18日付け、Carsten Germis 記者が沖縄選挙を詳しくレポート
して以来の、沖縄に関する記事。

私もWikipedia で読んだくらいの知識しかないのだが、アメリカ軍兵士の
暴行事件に関しては、そのあまりの残忍さに言葉を失う。
特に、私が生まれたころの 由美子ちゃん事件 は、忘れられない。
本土に今生きている人で、この事を知っている人はどのくらい
いるのだろう? この事件の後、親たちが子どもに、由美子という名を
つけることはしばらくなかったという。

| Till*eulenspiegel | 日本-Japan | 09:30 | - | - |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2015 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop