Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
8月30日のデモについて
フランクフルター・アルゲマイネ記事の概要

http://www.faz.net/aktuell/politik/ausland/asien/tausende-demonstrieren-in-japan-gegen-verfassungsreform-13776747.html

タイトルは、
政府計画中の安保法制に対する大規模反対行動

何万人という人々が反対のデモ活動、安部首相の辞任を求める

人殺めず土と共に生きる
Down with Abe, live together with Korean, Chinese people

この旗を大きく写した画像を掲載

「アベ政治を許さない」 「九条守る 平和日本」 「戦争させない」

「私達は戦争法案に反対するために。。。」

「君、人殺めたまふことなかれ」 「MAKE SENSE NOT WAR」

「9条壊すな!」「百姓一揆」などのプラカードが見える  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下、記事の概要。

東京とその他諸都市で、安部首相が推進する平和主義からの
転換への反対デモが行われた。
主催者側発表は、12万。警察発表3万。
この度の安保法制は、第二次世界大戦後、初めて、海外での
日本の軍隊の活動を可能とするもの。
衆院で可決の後、参院で審議中。安倍は、
9月末までの決議を希望。

第二次世界大戦後、アメリカによって押し付けられた憲法9条は、
自国以外での軍隊の活動を禁止。安倍は、日本あるいは、
国民がたとへ危機になくとも、同盟国を守るために、
アメリカのごとく自国外で戦うつもりだ。

安倍がその根拠としているのが、中国と北朝鮮の軍事的脅威。
アメリカは安倍の安保進路変更を歓迎。野党は、
ワシントンによって開始された遠隔地での紛争に
巻き込まれるのではないか、と恐れている。また、これらの
法制が憲法を破壊するものだと論じている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

通常、この種の記事は記者名が載るのだが、記者名はなし。

以前、Carsten Germis 記者が担当していて、安倍政権に
クレームを付けられ、本国へ帰られたことを思い出す。

あの当時のフランクフルター・アルゲマイネの記事に比べれば、
なんという、短く、事象連絡型記事。

それとも、文章で語れないので、写真で語ろうとしているのか。

日本国憲法について、あまりにもありきたりに、
あるいは、安倍政権の主張に沿って、

die von den Vereinigten Staaten nach dem Zweiten Weltkrieg
aufgezwungene Verfassung

第二次世界大戦後、アメリカによって aufgezwungene 「押し付けられた」
憲法

という表現をしているのが、気になった。第3者から見れば、
やはりそうなのだろうね。そして、日本の中にもそういう人がいる。
でも、私としては、今はもう、

人々が「守ってきた、育ててきた」憲法

という気がしてならない。だから、これだけ、多くの人々が
闘っているのだ。

もう一つ、この日のデモを報告するたくさんの動画を見た。
これまで、一度たりと行進できなかった、車道のど真ん中、
議事堂のまん前へ、SEALSを先頭に人々が行進し、警察もそれを
許さざるを得ず、けれど、それ以上、前へ出ることはせず、
SEALSの一人が、SIT IN を指示し、多くの人々がそれに従った時、
その数分の間、人々がコールし続けたのは、

あべは やめろ

この言葉だけだった。

ああ、人々の心底の思いは、これなのだ、と改めて、自分も含めて
そう思った。



| Till*eulenspiegel | 反戦-gegen den Krieg | 16:50 | - | - |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2015 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop