Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
Memorial Day ベトナム・抵抗する力 8
Ron Dellums 氏の講演より

ですから、私たちが今の若い世代に対し言わなくてはならないことは、
こういうことです。

焦る気持ちを捨て、命令に従う気持ちを捨て、
今のきみたちが、立ち上がらなくてはならない。

私はずっと、ハワード大学で若い人々に講義をしてきました。
そうして私が気づいたこと、それが最後のポイントです、
それをあなた方に話すことにします。
それは、今の世代がこの事をすでに解っているということです。
若い人々はこの声をいつも聞いているわけではない。
が、耳を傾ければ、聞こえる。なぜなら、彼らは注意深く
耳を傾けている人たちだからです。

そして、私が最後に私の絶対的な確信を述べなければ
ならないならば、私はこの若い世代への信頼を挙げるでしょう。
彼らが担っている重荷は、私たちが担っている重荷とは
別のものなのですから、そして、いつか、彼らが立ち上がるなら、
彼らはアメリカを変え、彼らの子どもたちのために、
彼らの子どもたちの子どもたちのために
世界を変えるでしょうから。


Ron Dellums 氏の講演、終わり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マーチン・ルーサー・キング牧師は、ベトナム戦争に反対した折、
こう語った。

「私は、自分の道徳的な関心事を分け隔て出来ないからだ。」

「分け隔てる」という訳語の原語は、segregate。辞書によると、

「(人・団体を)分離する、隔離する。
(ある人種・社会層)に対する差別待遇をする。
(地域・国家)に差別政策を実施する」

という意味だ。そして、映画館で見た『グローリー・明日への行進』
でマーチン・ルーサー・キング牧師が、黒人差別を表現するために
使っていた単語が segregate だった。

印象深く残ったので、この単語を強調しておきたい。


原発を憂い、TPPを憂い、秘密保護法を憂い、武器輸出三原則廃止を憂い、
今、集団的自衛権の諸法案の強行採決を憂う、それは、私たちが
自らの道徳的な関心事を分け隔てできないということだと、学んだ。
それでいいのだと、学んだ。

そして、焦る必要はないということ。家を出て、声を発するのを
やめなければ、成就できるということ。
それがいつか、はわからないけれど、平和という山の頂上への道を
失うことはない、ということ。



| Till*eulenspiegel | 平和運動− USA | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2015 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop