Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
ドキュメンタリー映画 『知事抹殺』
福島第一&第二原発へのプルサーマル計画を撤回したことから、
元福島県知事の佐藤栄佐久氏が、罪に問われた事件は、地裁から高裁、
そして最高裁で上告棄却となり、2012年高裁判決が確定した。

その判決は、「収賄額0円の有罪」だった。

佐藤栄佐久氏みずから書いた『知事抹殺』が、今回
ドキュメンタリー映画となって完成し、その記者会見が開かれた。
IWJでは、その一部始終を録画公開している。

http://iwj.co.jp/wj/member/archives/65755

「収賄額0円の有罪」とはどんな罪だろう。そんな判決がなぜ
許されるのだろう。しかも、この件について、この判決について、
メディアは、その詳細を伝えただろうか。

この記者会見で、元朝日ジャーナル編集長の下村満子氏は語っている。

「その国の国民のレベル以上のメディアは持てない」

学ぼう。人にまかせておいては駄目だ。目を覚まそう。

| Till*eulenspiegel | 原発−Atomkraftwerk | 01:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
グリーンピースからの警告
今日グリーンピースから以下のリーフレットが送られてきた。



ほとんどメディアでは掲載されていないことなので、ここで
拡散したいと思う。

希望者には、このリーフレットをコピーしてお送りします。多くは
お送りできませんが、少数ならOKです。ご連絡下さい。
| Till*eulenspiegel | 原発−Atomkraftwerk | 00:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
新もんじゅ訴訟 第4回口頭弁論とその報告会
第1回〜第3回まで仕事で参加できなかった新もんじゅ訴訟(9月7日)に、
初めて原告として参加した。全く初めての経験で、裁判所、法廷という
場へも初めて入った。裁判長、判事、被告側(国)弁護士の
人々の顔をずっと見ていた。残念ながら、被告の国側の人々
(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)はほとんど
顔を上げることはなかった。

原告側の若手の弁護士の方が、チェルノブイリと福島での事実をもとに、
90ページの準備書面を用意されたとのことだったが、冒頭、裁判長自身が
「裁判長が交替したこと」を述べ、傍聴席に「聞こえますか」と尋ね、
原告側の弁護士が短く主張し、被告側の弁護士が短く答え、裁判長が
「チェルノブイリと福島ではなく、もんじゅの事故について」
シミュレーションするように、と短くコメントして、あっという間、
20分くらいで終わった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その後の記者会見と報告会では、もんじゅについてのDVDの上映があった。
あらましを、メモから書き写しておくことにする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プルトニウムを運ぶ船の名前は、あかつき丸。

もんじゅには常にプルトニウムが 1.4 トン。
  冷却のためのナトリウムが 1,700 トン。

ナトリウムは小指の先ほどの量でも、水に触れると発火し、爆発する。

ガラスは薄ければ薄い程、熱の変化に強い。だから、原発(もんじゅ)の
配管は薄い。熱には強いが、外から加わる圧力に弱い。
熱を重視し、地震対策を緩めた設計になっている。
(メモには特性インピーダンスとある)

もんじゅは、広島・長崎に落ちた原爆(戦争のための核利用)と
原子力発電所(核の平和利用)との中間にあり、原子力発電所が
進化したものではない。従って、暴走しやすく、避難訓練は意味が無い。


報告会では、河合弁護士から、この裁判は、流動的であることを
認識する必要がある。もんじゅの廃炉だけを考えていてはいけない。
高速増殖炉と再処理、この二つは最初からともにあった。再処理も
考えていかなければならない、との報告があった。

さらに民事での事情変更の原則がある、という指摘もあった。

原告団の他の代表の方からも
8月末、NHKの原発関連の解説者が一様に、もんじゅを廃炉にすべき
と言ったが、再処理については決して否定しなかったことが指摘された。
おそらくは、政権側の意向を表したものであろう、ということだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


傍聴席が満席になるほどではなかったが、想像したよりも多くの人々が
傍聴していたし、報告会にも多くの人々が参加していた。
その中に美浜原発反対運動の方がいらして、次のように語ったことは
ずしっと心に残った。

「たった一人で、反対のビラ配りをしていた時、目の前に、スーツ姿で
アタッシュケースを持った紳士が立ち、自分は原燃の人間だが、
なんとか美浜原発を止めてほしい、と語った。原発に携わる人々の中にも
反対の人々がいる。」


記者会見で質問したのは、読売新聞の一社のみ。ありふれた質問で
メモに残っていない。

| Till*eulenspiegel | 原発−Atomkraftwerk | 13:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
高浜1&2号機 廃炉訴訟 (グリーンピース)
以下のメールが、グリーンピース・ジャパンから届きました。
皆様に是非読んでいただきたく、こちらで拡散したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは、グリーンピース・ジャパン、エネルギー担当の鈴木かずえです。

昨日7月13日は、高浜原発1、2号機の廃炉訴訟の、第一回口頭弁論でした。原告になっている私も、グリーンピース・スタッフのもう一人の原告ケンドラ・ウルリッチと一緒に、名古屋地裁に向かいました。


この裁判を応援する横断幕をつくるために、1607名もの方から、”顔”が集まりました。小さくて見えづらいと思いますが、小さな四角一つひとつが、みなさんの応援の”顔”です。当日は雨の中でしたが、みなさんの思いがつまったこの虹色の横断幕は、全国から集まった原告、そして弁護団を力づけてくれました。本当に、ありがとうございます。



裁判の様子は、こちらのブログにまとめていますが、裁判の最後、原告の代表4名から述べられた、意見陳述の内容を、このメールでもシェアさせていただこうと思います。4名のうち、小野さんと東山さんの言葉を、みなさんと共有します。

こちらのブログ
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/1607/blog/57027/



福島から岐阜に避難、同じ被害を出さないで。 [小野さん]

「福島県にいたときは、実家で作ったお米や野菜、近所からもらう山菜で日々食事をしており、スーパーで買うのはお肉などごく限られたものだけ、お水も庭先の井戸水でした。

その幸せな暮らしが東京電力福島原発事故で一変しました。避難先で娘はいじめにあい、故郷の親戚とも軋轢が生まれ、ストレスで前歯が一度に5〜6本抜け落ちました。同じ被害を二度と出さぬよう、老朽原発の廃炉を裁判所から命令を出してもらうことを心から願います。」



声出せぬ原発依存の地元、廃炉で明日が開ける [東山さん]

「私は、高浜原発から4キロのところに住んでいます。50年前、関西電力が高浜に原発をつくるという話がでたとき、原発の寿命は20年、長くて30年と言い、事故は起きないと宣伝しました。

その宣伝に対し不安や疑問だと声を出した人の家に大勢の人が押し掛け怒号をあげ吊るし上げをする、商売をしている人はあらぬ噂を広げられ倒産寸前にまで追いやられる。その様な状況の中、建設が始まったのです。そして町は、原発に頼らなければ暮らしていけない町へと変えられてしまいました。今、老朽原発の高浜1、2号を廃炉することで明日の見通しが立つ時だと確信しています。」



法廷の中の様子、詳しくは、こちらのブログでご覧ください。

こちらのブログ 上記と同じ
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/1607/blog/57027/


次の裁判は、10月26日。この横断幕は、次の裁判の時も、裁判所前まで持っていきます。長期間にわたる裁判になりますが、みなさん、引き続き応援よろしくお願いします。

もう一つ、お願いさせてください。ぜひ、この投稿をシェアして、裁判が始まっていること、たくさんの人に広めてくれませんか?


このメールは、横断幕のためにお写真を送ってくださった皆さんに加えて、激励のメッセージを送ってくださった皆さんにもお送りしています。facebookをやっていないので横断幕には参加できないが、応援しています、というメッセージもたくさんいただきました。本当に、ありがとうございます。

裁判はこれからも続きます。応援、よろしくお願いします。

グリーンピース・ジャパンエネルギー担当 鈴木かずえ
グリーンピースは、高浜原発1、2号機裁判の論点について、裁判スタートに先立ってブリーフィングペーパーを発表しました。こちらもご覧ください。

こちら
http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/Briefing_Takahama_Court_July2016.pdf

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このブリーフィングペーパーでは、福井地裁、大津地裁でのここ数年の裁判のあらましがまとめられています。もちろん、一昨日の高浜3&4号機運転禁止継続命令に至るまでの経過についてもまとめられていて、とても参考になるものです。できるだけ多くの人々に拡散して欲しい。

| Till*eulenspiegel | 原発−Atomkraftwerk | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
山本善彦裁判長
稼働中の高浜原発3&4号機の差し止め仮処分の決定がされたのは3月でした。
その時に、応援メッセージを送ってはや、4ヶ月が過ぎ、昨日、
それに保全異議申し立てをする関西電力に対し、

「判断ゆるがず、関電の異議退ける。高浜3、4号機の再稼動認めず!」

との決定が、仮処分を決定した、山本善彦裁判長によってなされました。
早速、関西電力は、大阪高裁に保全抗告するとのことです。
しかし、差し止めの効力は維持され、依然として稼働は延期される、との
ことです。(朝日新聞)

皆さんで応援メッセージを再び送りましょう。

〒 520−0044

滋賀県大津市京町3−1−2
大津市地方裁判所民事部  裁判長裁判官  山本善彦氏
                 〃   小川紀代子氏
                 〃   平瀬弘子氏

私たちは決して諦めない。司法への応援を続けましょう。



| Till*eulenspiegel | 原発−Atomkraftwerk | 04:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
『フクシマ ・モナムール』 Gruesse aus Fukushima
ドリス・デリエのフクシマ映画

http://www.faz.net/aktuell/feuilleton/kinotrailer-gruesse-aus-fukushima-14119696.html#GEPC;s2 

上記のリンクでトレイラーが見れます。




フランクフルター・アルゲマイネ3月11日付文芸欄で紹介されていました。

『フクシマ・モナムール』"Grüße aus Fukushima" 2016年ドイツ映画。監督:ドリス・デリエ。 出演:ロザリエ・トマース、桃井かおり。

トレイラーを見る限り、フィクションとノンフィクションが入り混じった感じ、と言ったらいいでしょうか。オフィシャルのFacebook によりますと、3月10日以降ドイツ各地で上映のようですね。ちなみに20日は バート・フュッシンクで。私たちも映画館で見れますように。タイトルはベルリンネットの六草いちかさんのサイトからいただいてきました。英語のタイトルが "Fukushima, mon Amour"なんですね。広告柱が見れます。

https://twitter.com/OGURISaori/status/709515589887385600/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw


2月のベルリン映画祭で上映されたようです。
オフィシャルHPはこちら。トレイラーはこちらでも見れます。

http://www.gruesseausfukushima.de/


| Till*eulenspiegel | 原発−Atomkraftwerk | 18:28 | - | - |
グリーンピース・ジャパンからのメール
グリーンピース・ジャパンから、以下のメールが届きました。

今日は上牧行動の方々は、朝から晩まで、関電本社前で
スタンディングデモということです。

田中原子力規制委員長の訓示を聞きました。冒頭、福島の桜についての
話があり、遅まきながら、田中氏が福島の生れであることを知りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんばんは、グリーンピース・ジャパン事務局長の佐藤潤一です。

今日3月11日で、東日本大震災から5年となりました。この震災により犠牲となられた全ての方々に対し、あらためて哀悼の意を表します。


写真:東京で行われたイベントPeace on Earthにて、2時46分に追悼の黙祷。




しかし、この悲劇はまだ終わっていません。東京電力福島第一原発事故によって、およそ10万人の方々が今でも住み慣れたふるさとからの避難を余儀なくされたまま。飯舘村や浪江町などの避難地域では、除染作業で剥ぎ取った汚染土がつめられたおびただしい数の袋が仮置き場や道沿いに並べられています。

原発事故を経て、わたしたちは原子力発電は過去の産物とし、安全で環境にも優しい自然エネルギーに移行するべきだという教訓を学びました。にもかかわらず、九州電力の川内原発が、火山灰のリスクを軽視して再稼働するなど、政府や原発産業の原発にしがみ付く姿勢は、変わっていません。

それでも、市民のあいだで、原発やエネルギーに対する意識が高まっているのは確かです。3月9日には、滋賀県の住民のみなさん、弁護士団のみなさんの尽力により、滋賀県の大津地裁で、関西電力の高浜原発3,4号機が、運転停止の差し止め決定を受け運転停止となりました。運転中の原発が司法の力で止まるのは、史上初。5年目の節目を前に、市民の力が政府や原発産業の力を乗り越えた瞬間を見ることができました。




「原発事故は終わっていない」5年たった今だからこそ、改めて原発からの卒業をめざし、市民の声を高める必要があります。

ぜひ今日、こちらの投稿をシェアして、多くの方に広めてください。

グリーンピース・ジャパン事務局長 佐藤潤一

虹の戦士号から、クルーと一緒に追悼の献花をしました。こちらのブログでも、虹の戦士号で福島沖を航行した際のことをブログにしています。



※このメールマガジンの情報をお友達やご家族など周りの方へ広めてください。ご登録はこちらから


国際環境NGO グリーンピース・ジャパン
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-13-11 NFビル2F
TEL:03-5338-9810 FAX:03-5338-9817
www.greenpeace.org/japan


| Till*eulenspiegel | 原発−Atomkraftwerk | 21:14 | - | - |
大阪・釜ヶ崎での樋口健二氏の講演会
7日は、大阪釜ヶ崎で日本の産業奴隷とも言える、原発労働者についての樋口健二氏の講演会があり、参加してきました。2年前、ネットで初めて樋口氏の講演の動画を見て、非常なショックを受けて、脱原発への思いを固く誓ったのを思い出しながら、最前列で、80歳になられる樋口氏の力強いメッセージ---「原発で働くなと言ってくれ。これは原発公害だ。」--- を受け取ってきました。『毒ガスの島』(大久野島)絶版になっていたこの写真集が昨年再発行されて購入、また、写真集『原発崩壊』はあっという間に売り切れてしまいました。座りきれない人々を、座布団を敷いて、最前列に座るよう誘い、情熱的に語る樋口氏でした。最初は5〜6人しか聴衆はいなかった。嬉しい。嬉しい。と語りました。

氏の画像は、Rolling Stones Japan のサイトからいただいてきたものです。

http://www.rollingstonejapan.com/articles/detail/12626

氏の背後に掲げてある写真は、原発が日本各地に作られ始めた1970年代、氏が原発労働者の中に入って、密かに撮った労働者の実態、さしたる放射線防護服も着ることなく、放射線に晒されて働いていた実態を撮ったもの。電力会社の職員に追いかけられ、逃げまわりながら撮ったもので、実態を写した貴重な2枚の内の1枚ということです。youtube の氏の講演会で既知の画像でしたが、説明を聞き、どれ程過酷で、人権無視の現場だったかを改めて認識しました。氏は、核写真家ギルド(本部カナダ)に属する世界的な写真家です。

Rolling Stones Japan のリンク先では、樋口氏のインタビューが読めます。
是非、訪問してください。


| Till*eulenspiegel | 原発−Atomkraftwerk | 18:51 | - | - |
新もんじゅ訴訟 原告募集のお知らせ
この度、河合弘之弁護士、海渡雄一弁護士をはじめ、旧もんじゅ訴訟
弁護団事務局長福武公子弁護士等、多数の弁護士が参加して、
新もんじゅ訴訟が起こされることになりました。

もんじゅからおおむね250キロメートルの地域、すなわち、

新潟県(一部)、富山県(全域)、石川県(全域)、福井県(全域)、滋賀県(全域)、岐阜県(全域)*、群馬県(一部)、長野県(全域)、山梨県(一部)、静岡県(一部)、愛知県(全域)、三重県(全域)、奈良県(全域)、和歌山(全域)、大阪府(全域)、京都府(全域)、兵庫県(全域)、岡山県(一部)、鳥取県(一部)、香川県(一部)、徳島県(一部)

の住民は原告になることができます。

詳しくは以下の、脱原発弁護団全国連絡会HPを参照してください。

http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/news/15-12-04/

一人でも多くの原告を募っていらっしゃいます。
書類の締め切りが今月18日とせまっています。提訴は今月25日
ということです。私も当時者となり、注目し続けていきたいと
考えています。



| Till*eulenspiegel | 原発−Atomkraftwerk | 14:30 | comments(2) | trackbacks(0) |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop