Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
Ein Notizbuch 1 から Nr.4
2014年2月18日付けの投稿

フランスとドイツの和解1-2

アウシュビッツの悲劇を知っていても、オラドゥールの悲劇について知るにつけ、言葉を失い、なかなか先へ進めなかった。
恥ずかしいことに、自分はこの悲劇について全く知らなかった。
(この悲劇は、ウィキなどさまざまなサイトで報告されています)

1月1日の記事の後半は、この虐殺を指揮したナチス親衛隊の一人ハインツ・バート中尉の戦後についての報告である。 以下、記事の抜粋。


***************************************************

ハインツ・バートは、1981年に戦犯として逮捕されるまで、オラドゥールから遠く離れた旧東独のベルリンの北の町、グランゼーに身を隠していた。

生前を知るシュミトケ牧師の証言。 「町の人は誰も過去を知らなかった。
国営雑貨店で働き、愛想が良く、誰からも慕われていた。」

裁判でのバートの証言。 「あれは戦争だった。仕方ない。」

終身刑判決後の1997年、体調不良を理由に釈放され、グランゼーに戻る。

息子二人とも誰とも付き合いを絶ち、死を迎えて、シュミトケ牧師に語った。

「私のような者も埋葬してもらえますか。」 牧師がうなずくと、「匿名の埋葬にしてほしい。極右ネオナチらが墓を聖地化しないように。愚か者は我々だけで十分です。」

現在、虐殺の生存者はエブラスさんを含め2人。記念館の依頼で廃墟を歩き訪問客に当時の体験を説明するエブラスさんの言葉。

「今の若いドイツ人に責任はない。ただ、悲劇が忘れ去られないよう、私は死ぬまで語り続ける。」

領土を巡る争いが生んだ悲劇は今なおその傷痕を残すが、人々は過去と向き合い、未来へと歩み続けている。

フランスとドイツの和解1−3に続く


****************************************************

オラドゥールで、広島で、姉妹都市イギリスのコヴェントリーで、ドイツのドレスデンで、戦争に勝っても負けても、犠牲となった多くの町や村で、このように語り続ける人々がいることに感謝します。

次回はアルザス・ロレーヌ争奪戦を、記事にならい年表形式で報告。

ウィキなどによれば、アルザス・ロレーヌ地方はもともと神聖ローマ帝国の一部だったが、17世紀から18世紀にかけ、フランス王国に占領されることとなった。
以下、記事の抜粋。


**********************************************************

フランスとドイツの和解1-3

その後
1871年  プロイセン(ドイツ)が普仏戦争で勝利し、鉱物資源が豊富な
     アルザス・ロレーヌ地方を獲得

1919年  第一次大戦に勝利したフランスが奪還

1923年  フランスが工業地帯のドイツ西部ルール地方を占領
     (1925年まで)

1940年  第二次大戦でドイツ軍がパリ占領、再びアルザス・ロレーヌを支配

1945年  ドイツ降伏

***********************************************************

昔から領土紛争にさらされてきたこの地方に平穏をもたらすきっかけとなった
のは、1950年5月9日フランス外相シューマンが資源の共同管理を提唱したことだった。
これはシューマン宣言と呼ばれ、この日は後にヨーロッパ・ディと呼ばれる。

以下、記事の抜粋。

**********************************************************

1952年  資源をフランス・西ドイツなど6カ国で管理する欧州石炭鉄鋼共同体
     (ECSC)発足

1963年  独仏友好条約 (エリゼ条約)調印


この後、ベルリンの壁崩壊、東西ドイツ統一を経て、この ECSC が EU 欧州連合(1993年)に発展してゆく。


1995年には、シェンゲン協定で、独仏などで国境の旅券審査廃止、
2002年には、欧州共通通貨ユーロ流通開始
2003年には、独仏が米英主導のイラク戦争反対
2013年には、エリゼ条約50周年

********************************************************


アルザス・ロレーヌを巡って両国が争うことはもうあってはならないという決意がここにあると思う。


| Till*eulenspiegel | 世界−die Welt | 11:30 | - | - |
Ein Notizbuch 1 から Nr.3

<共感の技法>についていろいろと思いめぐらす。
政治についてだけではなく、単に映画一つをとっても、自分が感動した映画を他の人々に伝えようとするとき、それが親でも、配偶者でも難しい。

<共感の技法>は、果たして在りうるのだろうか。

****************************************************

2014年2月18日付けの投稿

フランスとドイツの和解1-1


以前友人から質問を受けた。
「戦後、ドイツは近隣諸国とうまくやっているのに、なぜ日本はうまくやれないのか。ドイツも、明確に謝罪したわけではないのではないか。」

それに対し、自分の答え。
「戦後、ブラント首相がワルシャワ・ゲットーの記念碑の前で正式に謝罪してるよ。」

改めて、ウィキでそのことを読むと、その行動の大きさに感動するが、友人の問に対し、自分の答えは、ドイツを学ぶ者として恥ずかしい。

そんな気持ちを抱えていたところ、NHKのニュース番組で、先月22日が独仏友好条約(エリゼ条約)締結50周年ということで、ドイツとフランスの若者たちが共に、それぞれの言語を自在に混ぜて、ラップに載せ、メッセージを発信していることを伝えていた。

司会者は、若者が活動の主役であることに意義があると述べていたが、それは、少し違っている。 政治家ではない大人たちが和解の行動を少しずつ起こしていたからこそ、それが若者たちに繋がったのだ。

それを証明する事実として以下のレポートを読んで欲しい。


エリゼ条約締結50周年ということで、日本と近隣諸国との問題を考えるヒントとして、毎日新聞の1月1日朝刊から7日まで、『 領土と主権 第一部 独仏和解の現場から 』 というタイトルで両国の戦後の和解の達成、未だ続く対立の克服について書かれていた。

友人への返答の代わりとして、日本に何が欠如していたか、今でも欠如しているか、考えるヒントになれば、とまとめることにする。

毎日新聞1月1日付朝刊  連載のタイトルは

フランス中部の村  ナチの虐殺に同胞協力


フランスとドイツの国境に位置するアルザス・ロレーヌ地方、その主権を巡ってフランスとドイツが争ってきたことは、歴史でも学んだ。
鉱物資源の産地だからだ。 以下、記事の抜粋。

オラドゥール(仏中部)宮川裕章記者、グランゼー(独東部)篠田航一記者

************************************************

今から69年前の1944年6月10日、ハインツ・バート中尉率いるナチス親衛隊120人がフランス中部オラドゥール村を襲撃。住民全人口に近い642人を虐殺。生存者は6人。

理由は、ドイツ側資料によると、村民が武器を隠しているとの誤情報。

廃墟はフランス政府がそのまま史料として残すことを決定。
現在もがれきがそのまま残っている。

そして、その部隊の中に、当時ドイツ領アルザス地方出身の「マルグレ・ヌ」(自らの意思に反して)と呼ばれるナチスに強制徴用されたフランス人が13人いたのだ。

1953年、13人は有罪判決の後、恩赦で釈放されたことで、禍根を残す。

和解の象徴としてアルザス、ストラスブール市から贈られた彫像が破壊されたり、他方、生存者の一人エブラス氏が自らの書物の中で、13人が強制徴用であることを疑うような表現をしたため、アルザス住民が訴訟を起こしたり。

そんな中、互の首長の相互訪問など、地域間の交流を続けてきた。

たとへば、1999年オラドゥール村にできた虐殺記念館を訪れる年間15万人以上の来館者のうちドイツ人は500〜1000人と少ない。
事件の風化を防ぐため、記念館では約5年前から、ドイツの中高生を招く事業を始めた。

フランスとドイツの和解1−2に続く


***************************************************

フランス、ドイツによるアルザス・ロレーヌ争奪戦はすさまじい。

友人の話では、ストラスブールのクリスマス市は、まさにドイツのクリスマス市なのだという。そのような地方に生まれること自体、困難な状況にさらされることを意味する。
| Till*eulenspiegel | 世界−die Welt | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
水俣病条約が発効 (16.Aug.2017)
ヒューマン・ライツ・ウォッチから以下のメールが届きました。
嬉しいことですね。一歩一歩、諦めずに続けるしかない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画期的な水銀条約が発効
有毒物質から人と環境をまもるため 迅速な行動必要
英語オリジナル:https://www.hrw.org/news/2017/08/16/groundbreaking-mercury-treaty-takes-effect
日本語リリース:https://www.hrw.org/ja/news/2017/08/16/307935
動画 “New Mercury Treaty Offers Hope for Kids”: https://youtu.be/NcOME5h_zQg

(ジュネーブ、2017年8月16日)― 国連の「水銀に関する水俣病条約」は2017年8月16日に発効した。この条約は、有毒な水銀の影響に苦しむ何百万人もの人びとに光をもたらす可能性がある、とヒューマン・ライツ・ウォッチは本日述べた。同条約の下で各国政府は、市民を水銀の有害な影響から保護し、手掘りや小規模の金鉱山、石炭火力発電所といった汚染産業に規制を導入することが義務づけられている。

水銀は光沢のある液体金属。中枢神経系を侵し、生涯にわたる障害をもたらす危険があり、子どもにとっては特に有害だ。高用量なら致命的となる場合もある。

ヒューマン・ライツ・ウォッチの子どもの権利局アソシエイト・ディレクター、ジュリアン・キッペンバーグは、「世界中で数百万人の子どもや成人が日々水銀にさらされている」と指摘する。「水俣条約は健康および健全な環境への権利を、この有害物質からまもる政府の義務を強化するものだ。」

水俣条約は2013年に日本で採択された。1932年〜68年にかけて化学工場チッソが湾を水銀で汚染。条約は公害被害を受けた水俣の地にちなんで命名された。日本政府が水銀中毒の被害を受けたとして正式に認めたのは2,955人超だが、 その後約6万人を補償しており、被害者の実際数はもっと多いと考えられている。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、ガーナ、マリ、ナイジェリア、タンザニア、フィリピン、パプアニューギニアで、手掘りおよび小規模の金採掘に従事する子どもと成人の水銀暴露について調査・検証してきた。金鉱石と混ぜると、水銀は金粒子を吸収して合金を形成。その後、水銀から金を分離させるためにその合金を燃やす。

水銀はとりわけ子どもにとって有害だが、健康リスクを知らないまま、小さいうちから日常的に水銀を使用する労働に従事する子どもがいる。家で親や兄・姉が燃やす合金から出る水銀の有毒ガスに暴露することもある。フィリピンの15歳「ミシェル」はヒューマン・ライツ・ウォッチに、8歳で水銀を使った金の製錬を始めたこと、1年後には水銀中毒の典型的な症状であるけいれんに悩まされ始めたことを証言した。彼女が治療しようとしたり、診断を受けたことはない。

水俣条約は、締約国に水銀を使わない金の製錬法推進を義務づけている。そして、妊娠可能年齢の女性や子どもなど、ぜい弱な層を暴露から保護する特別な措置を講じ、かつ居住地域で合金を燃やすといった金製錬過程における、とりわけ有害な慣習を廃絶することなども含まれる。締約国は、水銀への曝露で影響を受けた人びとのための保健医療サービスの改善の義務も負う。この条約はまた、製品や製造過程における水銀の使用、石炭火力発電所からの水銀排出など、その他の重要な産業も規制するものだ。

現在、ペルー、ブラジル、ガーナ、カナダ、米国、スイスなど、重要な金産出国および援助国を含む74カ国が、水俣条約を締約している。 5月18日、欧州連合(EU)とその7つの加盟国が条約を批准し、総批准数が50を超えたことで8月16日の発効となった。第1回締約国会議は9月24日〜29日に、スイスのジュネーブで開催される。

多国間無償資金供与メカニズム「地球環境ファシリティ」(GEF)が、水銀問題に取り組もうとする発展途上国政府に資金供与する役割を条約により与えられ、すでに各事業への援助を開始した。

前出のキッペンバーグは、「水銀条約が発効し、有言実行の時がやってきた。各国政府は今こそ条約を実践に移さなければならない」と述べる。「水銀中毒に苦しむ人びとには迅速な保護と治療が必要だ。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

環境汚染先進国というのは恥ずかしいことですが、それが実態です。
アスベストに関しては、現在読んでいる『アスベスト−広がる被害』
大島秀利著(岩波新書)によると、クボタショックにおいては、
比較的早く、社長の即断もあって、完璧な形ではないにしても、
被害者保障が行われたということです。このことに、行政、尼崎市も
大きく関わっていたことが、大島氏の著作に書かれています。
実は、クボタショック以前に被害が出ていたにも関わらず、
知らぬ存ぜぬを決め込んでいた企業もあったとか。
企業の信頼、行政の信頼が問われる今、どちらの決断が、
企業としての将来性を、また行政の将来性を示すかは自明のことです。

そしてまた国も、知らぬ存ぜぬを決め込んでいたら、世界の人々の
信頼を失っていくでしょう。

| Till*eulenspiegel | 世界−die Welt | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
草の根
「沖縄を思うとやりきれない、暴動でも起こしたいくらいだ。
でも一人では起こせない。」と宇沢先生が語ってから、もう5年。
宇沢先生も亡くなってしまった。

権力をもたない私たちが、どうやったら権力者に立ち向かっていける
だろう。

最近はいつもそんなことを考える。

『世界』11月号、高橋真樹氏のルポルタージュ
「パレスチナはどうなっているか」によると、
イスラエルによるパレスチナ入植をめぐっては、今年7月に起こった
ナブルス放火事件がイスラエルのみならず国際社会を震撼させたという。
ヨルダン川西岸都市ナブルス近郊の村で、7月31日未明、ユダヤ人入植者
とみられる容疑者が、パレスチナ人の住宅に火炎瓶を投げ込み、
一歳の乳児と両親が焼死、4歳の長男が重傷で治療中という事件だ。

そして問題は、このような事件が日々起きていることであり、
国際法違反の入植地政策を続け、入植者の暴力を野放しにしてきた
イスラエル政府の政策にある、という。

このあまりに酷い状況に絶望するしかないパレスチナの
人々の中に、非暴力で戦い続けている人々がいる。
高橋氏のルポから、そのことをメモしたいと思う。

人口約6000人、ベツレヘム近郊の、約2000年前ローマ時代に作られた
段々畑と灌漑システムが保存されてきたバティール村は、多様な
作物を育て都市部に出荷してきた。
この村を貫く線路はイスラエルのものだが、かろうじて線路の向こうの
農地で作物を作り続けてこられた。が、そこにイスラエル軍は、
分離壁を建設すると発表したのだ。

村人たちの抵抗が始まる。弁護士を雇い裁判。敗訴の連続。国際社会
に訴えるプロジェクト開始。イスラエルの許可がなければ測量さえ
できないという事情。ユネスコに協力を依頼、測量にこぎつける。
ようやく、地形、水資源などカテゴリーごとの17枚の地図が完成。
村の記録、歴史を収集。それに4年を費やす。

国家資格を持たないパレスチナに国際賞へのエントリーは、
イスラエルの妨害もあり、困難だったが、ユネスコとギリシャ政府
共催の「メリナ・メルクーリ国際賞」に繰り返しエントリーして、
2011年に受賞。同年10月、ユネスコの正式な加盟国として承認される。

イスラエルとアメリカはこれに反対、アメリカ政府がユネスコへの
分担金拠出を拒否した。

パレスチナは、世界遺産申請が可能となり、ベツレヘムの
キリスト生誕教会を申請、2012年登録された。そして、2014年、
バティール村が、

「オリーブとワインの地、エルサレム南部バティールの文化的景観」

という名称で、世界文化遺産に登録された。同時に、分離壁の脅威に
さらされているということで、危機遺産リストにも載った。
そして、これを受けて、イスラエルの最高裁判所が、分離壁建設計画
の差し止めという判決を下したのだという。

イスラエル政府が分離壁建設を断念したわけではない。彼らの戦いは
続いている。ここにこぎ着くまでに10年。
パレスチナ自治政府は、2012年、国連でのオブザーバー国家に認定され、
2015年4月には、国際刑事裁判所に正式加盟。パレスチナの国際社会での
存在感は急速に高まり、イスラエルの孤立化が深まっている、という。

この息の長い、踏まれても、大地に根をはってへこたれない非暴力の
抵抗が唯一の希望に思える。日々、伝えられるイスラエルの強権的な
政策と、パレスチナの困難。

宇沢先生、暴動を起こさないで、バティール村の人々のように、
権力と闘うしかないようです。

| Till*eulenspiegel | 世界−die Welt | 01:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
教皇フランシスコ 米国議会でのスピーチ
2015年9月24日 教皇フランシスコが、米国連邦議会上下両院合同会議に
臨み、スピーチを行ったと、Democracy Now ! が動画と共に報じている。

『教皇フランシスコ、武器取引の断絶と移民への門戸開放を米議会に要請』

http://www.democracynow.org/2015/9/25/pope_francis_urges_us_congress_to

ゆっくりとやわらかい声で発せられたのは、厳しい言葉だった。

「なぜ、個人と社会に苦痛を与えようと密かに企てる人々に、死をもたらす武器が売られてしまうのか?」

「悲しいことに、その答えは、私たち皆が知っている、すなわち、for money 金のため、それだけです。そしてその金は血にまみれている。多くの場合、無垢な血にまみれている。」

そして、難民、移民の人々の、を問題とするのではなく、個々のストーリーに目を向けるように語った後、あの黄金のルールを思い出すよう求めた。

"Do unto others as you would have them do unto you.

 -人々にして欲しいと、あなたがたの望むことを、人々にもそのとおりにせよ。
 『ルカによる福音書 第6章31節』


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

教皇フランシスコはここでスピーチを行った初めての教皇となった
ということだ。どれほど、今が危機の時かがわかる。

ここは、春に日本という国の首相と呼ばれる人がスピーチを行ったところだ。

| Till*eulenspiegel | 世界−die Welt | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
『安倍政権の傲慢な素顔 暴走する国家権力』
今日7月23日、ハッフィントンに、ナンシー・スノウ氏と
中野晃一氏の、『安倍政権の傲慢な素顔 暴走する国家権力』
というタイトルのブログの記事が掲載された。

おそらく、同じ記事が英語で英語版ハッフィントンに掲載された
ものと思う。

アメリカの人々に、今、ジャパンハンドラーたちによって、
どんなことが日本に対して要求され、
「学者、学生、法曹、労働者、そしてママの会」
そして、多くの若者たち、それにはもちろん、高校生も中学生も
時には、小学生も、そして親とともに子どもたち、などの
権力とは無縁の人々が、それに対し、戦っているか、を
知ってほしい。

ずっと、ドイツの保守系有力紙、フランクフルター・アルゲマイネ
がどのように、最近の私たちの闘いを扱っているかを追ってきたが、
全く取り上げられていないことに、がっかりしていたのだが、
7月16日付けで、衆議院で強行採決されたことがようやく報道された。

浜田委員長をめぐる強行採決の様子が動画を添えて掲載された。

http://www.faz.net/aktuell/politik/ausland/asien/japanisches-unterhaus-macht-weg-fuer-auslandseinsaetze-frei-13705553.html







| Till*eulenspiegel | 世界−die Welt | 02:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
高校生フェスティバル動画2
【ピースとハイライト】ダンスの部分です。

https://www.facebook.com/sengo70project/videos/vb.841559575911743/871667379567629/?type=2&theater

拡散希望です。

| Till*eulenspiegel | 世界−die Welt | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
高校生のフェスティバル動画
ツイッターで送られてきた動画です。
このサイトでの動画配信は不可能のため、url のみ貼り付けます。

https://www.facebook.com/sengo70project/videos/871659252901775/

拡散希望です。
| Till*eulenspiegel | 世界−die Welt | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
見えてきた。
7日夜から、Videonews.com でいくつかの動画が
配信され、元外交官孫崎享氏の話、CIA研究家春名幹男氏の
話で学び、ようやく見えてきた。

見えてきた現実は酷いものだが、少しは気持ちの
区切りもついた。

海外では、パスポートを持っていても、全く命を守られる
保障のない私の国。

そういえば、一昨年、知人のビザの件で困って、
在ドイツ日本大使館にメールを送って問い合わせたことがある。

「そういうことは、○○○ー弁護士事務所にお尋ねください。
大使館に尋ねに来てもらっても、対応できません。」

との返事が来た。

なるほど、相談にすら乗ってもらえないのだな、と
思ったのだった。

それで引き下がることに慣れてしまっている自分。。。


7日付けTBS報道特集をネットで見て、応援メッセージを送り、
翼賛体制構築に抗するという声明への署名をした。

一市民としての署名ができる。

http://ref-info.com/hanyokusansyomeiform/


| Till*eulenspiegel | 世界−die Welt | 01:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
共苦 同苦  ドイツ語では Mitleid だろうか
何度も Yahoo!JAPAN を検索して、あるいは「人質開放」という
文字を読めるのでは、、、そんな何日間かが過ぎ、日本時間では
日曜の朝、酷い事実をつきつけられることとなった。

なにがしか探し求めて、そして、見出したのは、
『私が選んだ一首』というブログ掲載の次の短歌と言葉だった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

春雪のなかの羽毛を拾ひくるこの子を生みしさびしさ無限

        米川千嘉子 『一葉の井戸』 (2001)


雪の中に埋もれていた鳥の羽をわが子が拾ってきた。

春雪と羽毛、いずれも白くはかなく美しい。
そして、自分が産んだこの子どもも、いつ消えてなくなるかもしれない。

子どもを得た喜びと畏怖、深いさびしさを表現している。

年が明けて雪が降ると、決まって思い出す一首である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


チェーホフを研究している別の友人が、キーワードとして「共苦」を
挙げていたのを想い出した。文字どおり、共に苦しむ、ということ。

この短歌で、探していたものが見えてきた。
単純なことだ。子を思う親の苦しみを分かち合える、そう思っただけ。

「平和のために行ったのです。」そう語っていた後藤さんだった。
そうだよ。「平和のために行ったのだ。」

勇気のないわたしの代わりに。たぶん。
そして、平和を考えない人たちがあまりに多すぎるから。たぶん。

ドイツ語では、Mitleid。  ミットライト。
Mit が「共に」、Leid が「苦しみ」。





| Till*eulenspiegel | 世界−die Welt | 03:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
怒ったら終わり−後藤健二氏のツイッターより
本当にそのとおりだ。

でも、でも、時にどうしようもなく、怒ってしまうことがあり。
そして、やはり、怒るべきではなかった、と思ってしまう。

でも、今は、怒らなくてはいけない。そんな時でしょう。

一人ひとりが怒って、どうしたらいいのか、
どう考えたらいいのか、どう行動したらいいのか、
そんな時でしょう。

いつか大江健三郎さんがおっしゃっていた、

「絶望しすぎず、希望を持ちすぎず」

静かに、当事者意識を持って、生きる。
そんな時でしょう。


| Till*eulenspiegel | 世界−die Welt | 07:42 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop