Ein Notizbuch 2

人々の言葉を記録し、引き継ぐためのブログ
 
一人一票を求める裁判の判決について - 12月19日最高裁大法廷判決2(追記あり)
鬼丸裁判官の反対意見

1. 鬼丸裁判官は、まず衆議院の責務(適正な国民の意思の集約)を述べた上で、憲法は1対1に近い投票価値の平等を保障しており、これが最も重要かつ基本的な基準であるのだから、約2倍の較差(本当は0,5なんですが)を認めることになるような考慮要素等が国会に認められる裁量であると解することは困難であるため、本件区割り規定は憲法に違反する、と結論します。

次にその検証です。
第1に、H29衆院選で、全選挙区289のうち、較差1,9倍以上の選挙区28、1,8倍以上の選挙区71、1,5倍以上の選挙区168。H34採用アダムズ方式をもってしても2倍近い較差が多数生じ、それを当然と容認することはできない、と述べます。

第2に、憲法前文、および43条1項の通り、国会議員は全国民の代表であって、全国民の視野に立って行動することが憲法の要求である、と述べて一人別枠方式を退け、近年の通信技術も憲法の要求を促進すると述べます。

第3に、H23大法廷判決が一人別枠方式を憲法の要請に反するものとしたことを改めて述べ、その後の法改正によっても、実質的に一人別枠方式が廃止された上での配分ではないことを強調。

2. H23年大法廷判決(H23年3月23日)からすでに6年6ヶ月が過ぎており、立法府が司法の判断の趣旨を踏まえ、投票価値の平等の実現に向けて真摯に行動していれば、1対1に近い定数配分及び選挙区割りは十分可能であったものであり憲法上要求される合理的期間は経過したというべきである、と述べて、これまで最高裁が違憲状態判決の際に認めてきた合理的期間をもここで退けます。

3. しかし、H29年衆院選は、投票価値の不平等を理由とする衆院選挙無効訴訟が提起されて以来、最大較差が初めて2倍未満となった選挙であり、アダムズ方式の採用も決まって較差縮小も見込まれ、1対1に近づくことが期待できるため、本件区割り規定は違憲であるが、事情判決の法理により、選挙無効の結論を出すのではなく、本件選挙は違法であることを宣言すべきである、という結論です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山本裁判官の反対意見


1. 山本裁判官は、憲法は代表民主制に支えられた国民主権の原理を宣明しており、国会を構成する両議員の議員は、公平かつ公正な選挙によって選出されなければならないと述べます。地域によって一票の価値に較差があったとすると、較差の分だけ強い政治力を及ぼしやすくなり、いずれの国民も平等に選挙権を行使できなければ、国民主権の原理は画餅に帰してしまうというわけです。

投票価値の平等があってこそ、代表民主制が国民全体から等しく支持される正統なものとなる。しかし、実際は、そうではない状態が継続している事実が指摘されます。

投票価値は1,0となるのが原則であり人口の急激な移動や技術的理由があってもせいぜい2割の程度の較差にとどまるべきであり、これ以上の較差を生じる選挙は違憲かつ無効と結論づけます。


2. 一票の価値の較差が2割程度を超えた場合には当該選挙は無効。無効とされた選挙に基づいて選出された議員によって構成された議院が行った議決も、無効とされた選挙に基づいて選出された議員も、違憲かつ無効とすべきである。 山本裁判官の結論は明瞭で、そう判決が下された場合の措置予測も怠りません。すなわち、

この判決を行使したとしても、選挙無効の判決の効力は将来に向かってのみ発生するので、判決前にされた議決等は効力を持つし、判決後は、効力を持つ議員で構成される院により議決を有効に行うことが可能であること。

議員においても、一票の価値が0,8を下回る選挙区から選出された議員の身分は無効であり、本件選挙区当日において、衆院小選挙区選出議員の定数289人中、一票の価値が0,8を下回る選挙区の定数の試算は55人であり、これらの議員が欠けても、衆院構成に支障はないこと。

3. 加えてここで、山本裁判官は、一票の価値の平等を実現するための具体的な選挙区割りに関していくつかの案を具体的に提示しています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鬼丸裁判官・・本件区割規定は違憲、選挙は無効にはしないが違法である。

山本裁判官・・本件区割規定は違憲、選挙は無効である。


なんとかまとめようとしましたが、結局かなりの引用になってしまいました。多数意見も含め、全文を検証という方は、是非、一人一票実現会議のHPでダウンロードしてください。

https://www2.ippyo.org/?p=981

追記

1月11日の閣議で、鬼丸裁判官の後任に、草野弁護士が任命された、と朝日デジタル版にて発表されました。弁護士が任命されたということで枠があるとは言え、私としては期待したいです。

以前、裁判官をしていた方から学んだのですが、ドイツ語では、Anwalt は「擁護者」の意味で、Staatsanwalt は「国を擁護する者」で日本語の「検事」の意味、Rechtsanwalt は「法を擁護する者」で「弁護士」の意味ということです。職業名の意味が、単語を見ればすぐ解る。ここにもドイツ語の論理性が現れていると思います。

さらに付け足すなら、ドイツ語で abordnen は「〜を代表として派遣する」という意味で、その過去分詞の名詞化である Abgeordnete は「代表として派遣された者」すなわち日本語の「(国会)議員」を意味します。

| Till*eulenspiegel | 憲法 - Verfassung | 22:49 | - | - |
一人一票を求める裁判の判決について - 12月19日最高裁大法廷判決1
昨年末12月19日に、最高裁大法廷で、H29年の衆議院選挙の選挙区割りの違憲・選挙無効を求める裁判の判決が出ました。

11人が「H28年改正法(アダムズ方式採用)があるから、H29年衆院選を合憲」と合憲の多数意見を出し、4人が個別意見を出しました。

多数意見・・・大谷長官、岡部、山崎、池上、小池、木澤、
       菅野、山口、戸倉、深山、三浦各裁判官11名

個別意見・・・林、宮崎、鬼丸、山本各裁判官4名


裁判の先頭に立ってこられた升永弁護士は、これまでは人口の46%が50%の国会議員を選んでいたが、H28年の改正法により、H34年にはアダムズ方式が実際に行われることが見込まれており、そうなると、人口の48%が50%の国会議員を選ぶことになり、この2%の意味は非常に大きい、と評価しました。

さらに、最高裁の判決は、「国会はH28改正法(アダムズ方式)をさらに変更することは違憲である」旨説明したことになる、と述べて、この判決を評価し、さらにこの一人一票を求める裁判を続けてゆく決意を述べました。

これまで、少数意見は多くて2人でしたが、今回は4人の裁判官が、個別意見を書かれたので、とても嬉しく、勉強することにしました。すると、4人がそれぞれに全く異なる意見でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

林裁判官の意見

1. H29年衆院選の選挙区割りは合憲状態にあるとみることはできないが、不合理な制度の解消等、前進がみられるので、結論として、合憲である。

2. 投票価値の客観的測定値として、較差の数値についてみてみると、2倍の較差(これは本当は0,5なんですが)は不平等であり、当衆院選の最大較差1,979倍を平等とは言えず、違憲状態を脱して、合憲状態にあるとみることはできない。

そして、H29年9月27日最高裁大法廷判決(H28年参議院選に関する)を根拠として、各一票の価値が、財産、地位等によって差別されてはならないという投票価値の平等原則がまず優先的に尊重されなければならず、地理的、歴史的、社会的といった、選挙制度の構築に当たって国会が考慮することのある他の諸要素は、それ自体が、憲法上の要求でない以上、投票価値の平等原則の下位に立つものである、と述べ一人別枠方式などの要素を退けます。

3. 合憲状態と判定してしまえば、アダムズ方式が行われると見込まれるH34年まで、またそれ以降15年間は、「お墨付き」を与える可能性があり、アダムズ方式でも較差の縮小には限界があり、約2倍もの較差が恒常化しかねない。

4. 「絶えず活発に」改善を目指すべき。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

宮崎裁判官の意見

1. 宮崎裁判官は、憲法の要求する投票価値の平等は、人口比例を最も重要かつ基本的な基準とし、人口比例以外の要素は合理性がある限り考慮することを許容するとし、次のように自らの立脚点を明確に述べます。
 
合理性のない要素を考慮してされた定数配分が実質的にみて是正されたとは評価できない場合には、最大較差が2倍未満であっても、その定数配分が憲法の投票価値の平等の要求に反する状態でないと認めることはできない。

2. H23年大法廷判決を基準として、憲法の投票価値の平等の要求に反するとして合理性のない要素を考慮してされた定数配分がその後是正されているか否かを検証します。

その結果、H29衆院選の選挙区割りは、人口比例基準を採用していないこと、人口少数県への配慮という合理性のない要素を考慮して配分された区割りが大部分を占めていることが指摘されます。

「合理性のない要素」を宮崎氏は、はっきりと「一人別枠方式」と述べ、この方式の採用により生じた配分のゆがみは、人口の少ない県にだけでなく、人口の多い都道府県にも、同時に、かつ不可避的に及んでおり、その残された影響の程度は実質的に無視し難い大きさであり、是正はされていない、と述べています。

そして、憲法の要求する投票価値の平等の要求に適合する状態であったかどうか、を判断の対象にすべきであり、H29年衆院選選挙区割りにまだ反映されていない(アダムズ方式)を考慮すべきではない。以上、29年衆院選の選挙区割りは憲法の投票価値の平等の要求に反する状態、違憲状態であったと考える、と結論づけます。

3. しかしながら、動態的に観察して合憲性を判断するという判断枠組みを採用することは意味があり、アダムズ方式採用も法制化されているため違憲とはいえない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

林裁判官・・本件区割規定は合憲状態とは言えないが合憲。

宮崎裁判官・・本件区割規定は違憲状態であるが、違憲ではない。


| Till*eulenspiegel | 憲法 - Verfassung | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
クリスマスのこぼれ話 - Pflaumentoffel - すもものトッフェル2
下は、Striezelmarkt シュトレンマーケットで見たすもものトッフェルハウス の画像。google で検索していただきました。





2013年フランクフルターアルゲマイネ10月31日版、Winterglanz Dresden 『冬の輝きドレスデン』の中から紹介する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔、一人の貧しい洗濯女が住んでいた。彼女には二人の子どもがいた。貧しくて家賃が払えず、冬が来るというのに、家を出て行かなければならない。ところが、幸いなことに、すももがその秋は豊作だった。洗濯女はこのすももをたくさん焼いた。子どもたちはそのすももで人形を作り、それをクリスマス市に持っていった。人々が買ってくれて、人形はすべて売れた。母親は家賃を払うことができた。

ドレスデンの作家 Kurt Arnold Findeisen (1883-1963)がこの話を書き記しており、これが Pflaumentoffel が文献に登場した最初である。"Toffel"とは、ザクセン語で、少し愉快な人、という意味の表現である。

時とともに、Toffel ははしごを持たされ、シルクハットをかぶされるようになった。これは、1635年のザクセン選帝侯の布告の許可により、煙突掃除人たちに代わって、狭い煙突の中を這うようにして、掃除しなければならなかった、ザクセンの7歳および8歳の孤児たちを記憶するためであった。

これは、国家が黙認した児童労働の初期の実例である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下は、ウィキペディアから。


1801年のクリスマスには、焼いたすももでつくった小男のスモモのToffel が記録されている。19世紀になると、再び、"Striezelkinder" シュトレンキンダーと呼ばれる子どもたちが登場する。彼らは、腹の前に売り箱をかかえ、自分で作った Toffel をザクセンやエルツの山々で開かれるクリスマス市で売って歩いた。

Pflaumentoffel が幸福のシンボルと呼ばれるのは、今日の視点で見れば児童労働という過酷なテーマを、民衆のユーモアや様々なクリスマスの風習を借りて、解釈の転換を行ったということである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『冬の輝きドレスデン』からもう少し引用する。


1910年まで、貧しい家の子どもたちは自分で作った Pflaumentoffel を寒さの中、暗い中、シュトレンマーケットで売って歩いた。その後、この児童労働は禁止された。1930年代の始めころ、この子どもたちへのオマージュとして、ザイフェンの大学の学長が、この子どもたちの姿を、木彫りの人形に再現した。

それは、腹の前に売り箱を抱えた、男の子と女の子の人形で、その売り箱の上には、美味しいお菓子がいっぱい載っている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幸福のシンボルと言われる Pflaumentoffel すもものトッフェル、そして、Striezelkinder シュトレンキンダーのことを、ここでこうしてまとめてメモして、大事にしたいと思う。


ザイフェンのオリジナルシュトレンキンダーの人形。
以下のサイトからいただきました。
https://www.sekaimon.com/



売り箱の上に Pflaumentoffel すもものトッフェルが載っているシュトレンキンダーの人形。以下のサイトからいただきました。
https://www.weihnachtshaus.eu/shop-seiffen/241/51/baumbehang-erzgebirge/baumbehang-holzfigur/baumbehang-farbig-striezelkinder-15-27-detail.html





| Till*eulenspiegel | ドイツの文化 - die deutsche Kultur | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
クリスマスのこぼれ話 - Pflaumentoffel - すもものトッフェル1

2015年ドレスデンの Striezelmarkt シュトレンのマ−ケットで買い求めたPflaumentoffel


偶然にも、ケムニッツで極右の人々による暴行事件が発生したこの8月末、親戚がケムニッツから、念願の旧西ドイツ側のウルムに引っ越すことになった。

ウルムはバイエルン州とバーデンヴュルテンベルク州の狭間にある都市で、中世には交易で栄え、町の中心には、世界で最も高い尖塔を持つウルム大聖堂があることで有名だから、その広場で開かれている Weihnachtsmarkt クリスマスマ−ケットもさぞ良いだろうと思い、聞いてみると、ケムニッツほどではない、ケムニッツのほうが良かった、という。

残念ながら、過去に、一日遅れで、ケムニッツのクリスマスマーケットを経験できなかったが、もう24日の午後二時で店じまいというドレスデンの der Striezelmarkt シュトレンのクリスマスマーケットをたった半日ではあるが経験できた。偶然にもそれが、ドイツで最古の、そして最大級かつ最も素晴らしいと言われるマーケットの一つの小さな体験となった。2015年のそれは581回目のマーケットだった。おそらく、ウルムのマーケットより、ケムニッツのほうが良かった、という背景には、ザクセンの特質(それは魅力であり固執でもある)があると思われてブログに記録しておくことにする。


ドレスデンに向かう電車の中のチラシをすでに読んでいて、いくつか気になっていたのが、まず der Striezelmarkt(すぐにシュトレンマーケットの意味と判明) 次に、der Pflaumentoffel という単語だった。ザクセン方言?ともかくよく分からない。とにかく心に残って、マーケットに入って探しながらGluehwein スパイス入りホット赤ワイン、Stollen シュトレン(イエス様を包んだといわれる着ぐるみ型の白いフルーツケーキパン)ろうそくや人形のお店を覗き、るんるん気分で、この der Pflaumentoffel を販売しているお店に突き当たった。
そして焼いたすももを足に3個、腕に2個、ボディに2個、串に刺してつくったこの人形を知ったのだった。

ドイツの文化に興味のある人ならすぐ気づくだろう。この姿がSchornsteinfeger 煙突掃除人 の姿を思わせることに。


Wikipedia によると語源は Pflaume 「すもも」と Feuerteufel 「火の悪魔」ということで何が何だか解らない。なんで子どものお菓子が悪魔なの?

| Till*eulenspiegel | ドイツの文化 - die deutsche Kultur | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
東ドイツ人の作り話 3
東ドイツ人は、DDR(ドイツ民主共和国)時代、同じポジションで比べると、西ドイツ人よりもはるかに少ない資産しか得られなかった。従って、三世代ともなれば、大富豪の数は、東側よりも西側のほうがはるかに多い。しかし、人生の満足度は、数百万の富を持たないことで決まるというのか。西側でも、大多数は、大富豪ではないという事実と向き合って暮らしている。

誰一人、東ドイツ人が二級市民と感じるように強いてはいない。が、もし東ドイツ人がそう思い込むなら、誰一人、そう思うことを阻止することもできない。トータルで見て、統一のプロセスにおいて、東ドイツ人の幸福のためには十分に政策がとられなかった、このような靴を西ドイツ人が履く必要はないのだ。もちろんこれ程の大転換のプロセスにおいては、特に厄介な状況にあって十分に配慮されないままであった人々のグループや小グループが生じるものだ。それを基に、統一のプロセスの特徴をあげつらうことは悪質である。しかも、ドイツ統一の過程において、あたかも、東ドイツ人が40年間も DDR ではなく、BRD(ドイツ連邦共和国)で生活していたかのように想定されなければならないのは、それは
不当な要求というものだ。ちなみに年金計算では、それがおよそ想定されて実践されており、さもなければ、東側には、実際の保険料の支払額から算出された、飢餓年金しかないことになるだろう。

旧東側の連邦州のトップのポジションの3分の2は西ドイツ人によって占められている。そのことに私は異論を唱えるものではない。しかし、二つの疑問がある。東ドイツ人の大多数はそれを外部からのコントロールと感じるのか?だとするなら、どのようにしてそのような事態になったのか?

| Till*eulenspiegel | 東ドイツと西ドイツ - Ostdeutschland und Westdeutschland | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
ケムニッツはドイツのマンチェスター
11月16日、8月26日のこの度のケムニッツでの主に極右の人々による移民に対する暴行事件後初めて、連邦政府メルケル首相がケムニッツを訪れて、人々との対話集会に臨み、ライブ中継された。

冒頭、司会者に紹介されて、メルケル首相は、「非常に緊張している」とまず挨拶。質問者の第一問は、なぜこの日にケムニッツを訪問したのか、すなわち、言い換えれば、なぜこんなに遅くなってケムニッツを訪問することになったのか、というものだった。

ケムニッツを3度ではあるが、訪問して、短い期間だが市民生活に加わり、町の様子を垣間見て、移民への暴行は別として、AfDへの投票など、今のケムニッツを理解できる、と思えないわけではない。というのも、ケムニッツの経済が疲弊している、というのは訪れてみれば一目瞭然だし、通りを分け入っていけば、ため息をついてしまうほどだから。

若者が歩きたくなるような通りはなく、入りたくなるような喫茶店もなく、あちこちに廃屋があり、解体中の建物があり、石畳がでこぼこで、大きく陥没した場所に雨水がたまっている。そんな石畳を通って、やっと探し出したクリーニング店の店長は、明日閉店で、もし衣類を預けたければということで、知り合いの
クリーニング店のリストをくれた。改装されることもなく長年使われてきた店内。そう言えば入る時、ここが店?と首を傾げたくなる建物。

豊かな経済力を誇るドイツに、これほど疲弊している地域がある。ドレスデンからケムニッツに向かう電車の中で、ケムニッツ出身で現在はドレスデンで働く造園業の若い男性とずっと話していた。ドレスデンもライプツィヒも経済は好調なのに、ケムニッツだけがそうではない。若者が暮らしていけず、どんどん町を出て、ますます疲弊している、と彼は言っていた。

Pension の管理人にケムニッツの過去について質問した時、彼がこう言ったのが、印象に残った。

−ケムニッツは、ドイツのマンチェスターと呼ばれるほど、重工業の盛んな、豊かな町だったんです。

同じく旧東ドイツ・ザクセン州の中核都市でありながら、ドレスデンのように観光都市としても、ライプツィヒのように学研都市としても輝けず、重工業が去った後、苦しみ続けている。
ケムニッツに対しそんなイメージを私は抱いている。

| Till*eulenspiegel | 東ドイツと西ドイツ - Ostdeutschland und Westdeutschland | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
西宮こしき岩アスベスト裁判 証人尋問のお知らせ
第13回口頭弁論においては、証人尋問が行われます。
証人尋問においては、原告側から要請した証人すべてが
裁判所によって認定され、計3日にわたり行われます。
詳しくは、下記のリンク先のHPをご覧ください。

とりあへず、第一回目の証人尋問が11月21日水曜日に行われますので、
是非とも、一人でも多くの市民の方々に参加していただきたいと
思います。当日の証人の方々は次の通りです。

・中皮腫・じん肺・アスベストセンター永倉氏
・被告三栄建設代表者
・原告団長上田氏


11日には、この準備として訴訟報告会も開催され、証人尋問に臨む
準備をいたしました。
業者が、利益優先で、アスベストという恐ろしい物質を
いとも安易に解体・廃棄した現実を、それを管理監督する立場である
行政が、書類だけの管理監督でよいとして、反省することもなく、
市民を危険に晒した、まさに行政による人権侵害の現実を、
一人でも多くの人々に知って欲しい。
アスベストがこの国で2004年に全面禁止になってから、まだ14年しか
たっていないのです。


| Till*eulenspiegel | アスベスト−Asbest | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop